アコム 過払い金請求まとめ(2017年版)

執筆: 司法書士 相澤 剛 更新

アコム過払い金の特徴
  1. 三菱東京UFJ銀行系で経営は安定 ※今後の見通し
  2. 過払い金の返還交渉はスムーズ ※返還状況
  3. 過払い金の返還期間は早い ※返還期間

2016年、アコムが株主向けに公表している過払い金請求件数によると、若干の減少傾向が見られるが依然高止まり状態にある。そのため「直接交渉のみ」では満額返還に応じない対応だが「裁判後の交渉」では比較的容易に満額回収が可能な状況。

このページでは、アコム過払い金が戻ってくるまでの「期間目安や返還状況」請求に際してのデメリットやリスクなど「注意点」を中心に構成。巻末には「アコム過払い金直前チェックポイント」を紹介。

またアコム過払い金返還請求の返金期限は10年です。2006年~2007年前後に完済した記憶がある方は時効が迫っていますのでご注意ください。

最後まで読んで頂くと、アコム過払い請求のポイントが一目でわかるように構成しましたので、ご相談の際の参考にしてください。

アコム過払い請求 早見表(裁判なし・あり)

お客様にとって最善の回収方法をお勧めします!

アコムに限らず発生した過払い金は、裁判をするかしないかで回収できる過払い金の条件が異なります。基本的にじっくり回収コース(裁判あり)は若干回収期間が長くなりますが、過払い金回収額が増えるため、お客様への過払い金返金額が増えます。

特に「急いでない」「金額が多い方がいい」場合はじっくり回収コースがお勧めで「早い方がいい」「裁判までしなくていい」という方はスピード回収コースをお勧めです。どちらにせよ、まずはアコム過払い金の調査をして金額が判明してからご選択ください。

  • スピード回収コース 裁判なしで請求書を発送し、アコムと電話交渉
  • じっくり回収コース 裁判所に訴訟提起し、その後アコムと電話交渉

【裁判なし】スピード回収コース

【裁判なし】返還割合80% | 回収期間2ヶ月

【裁判あり】じっくり回収コース

【裁判あり】返還割合100%+α | 回収期間4〜6ヶ月
※返還割合…
発生した過払い金に対して戻ってくる割合
※回収期間…
ご依頼からお金が戻ってくるまでの期間
※過払い利息…
過払い金に年5%の遅延損害金を付した場合

スピード回収の場合は、ご依頼から平均2ヵ月ほどで、過払い金が返金されます。スピード解決となりますが、デメリットとして発生した過払い金の全額は返還されません。

じっくり回収の場合は、裁判所に訴訟提起してからの交渉となりますが、期間の経過とともにアコム対応は徐々に変化し、最終的には過払い金返還率が請求額の満額に到達する感じです。

返還率は、純粋な過払い金部分の元本満額(100%)+利息一部まであれば、ご依頼から平均3~4ヶ月ほど、過払い金利息5%全額を含んだ和解であればご依頼から平均4ヶ月~6ヶ月ほどが返還までの目安期間です。

裁判をした場合のデメリットは、交渉期間が長くなるのみでその他リスクはありません。

【関連】過払い金請求は「和解」か「裁判」で交渉金額が変わる!?

最新!アコム過払い金和解対応データ(2014・2015・2016年12月現在)

アコム過払い金和解対応データ12月

アコム過払い金2016年12月度の最新和解データ3件を基に、実際の返還金額や平均値また解決するまでの期間を業務の進捗段階ごとに紹介。

<アコム過払い金返還の内訳(2016年12月)>

ご依頼件数 3件
最高返還金額 92万2000円
最低返還金額 12万8000円
合計返還金額 140万5000円
1件あたり平均 46万8333円

<履歴取得・和解成立・入金までの期間(2016年12月)>

取引履歴開示まで 平均16日  ※アコムから調査履歴が開示されます
和解日まで 平均27日  ※過払い金と入金日が確定します
入金日まで 平均100日  ※実際にお金が戻ってくるまでの期間です

<解決実績(2016年12月) ※入金日ベースで試算>

受任日 和解日 入金日 返還金額
8月3日 9月5日 12月29日 35万5000円
11月7日 12月5日 12月29日 92万2000円

 

過払い金が発生するかどうかを確認したい!
アコム過払い金がどの程度発生するか
過払い金発生の目安
アコム過払い金の金額を調べる方法
過払い金の計算方法

アコム過払い金が戻ってくるまで(期間シミュレーション)

(例)2017年2月1日にアコム過払い金相談を受任した場合をイメージ

日付 裁判なし(スピード回収) 裁判あり(じっくり回収)
2月1日 初回相談(手続きスタート)
2月15日 アコム過払い金「調査完了」
「例:元本100万円/利息30万円」
「計算結果」を報告(交渉スタート)
アコムへ「請求書」発送 アコムへ「訴訟」提起
2月22日 アコムと「和解成立」
返還額 80万円
入金日 3月30日
「和解内容」を報告(入金待ち)
業者とじっくり交渉中
3月30日 アコムより「入金確認」
依頼人へ「65万6,000円」振込み
(報酬18%のみ)
4月30日 あっという間にスピード解決 アコムと「和解成立」
返還額 130万円(利息含む)
入金日 6月30日
「和解内容」を報告(入金待ち)
6月30日 アコムより「入金確認」
依頼人へ「100万1,000円」振込み
(報酬23%のみ・裁判費用含む)

(1)ご相談(手続きスタート)

2017年1月1日に相澤法務事務所へアコム過払い金請求を依頼。
即日アコムへ受任通知(依頼を受けた旨の通知)を発送後アコム過払い金の調査開始。
→以後はお任せで、依頼人は報告を待っているだけです。

(2)調査完了(取引履歴開示・計算)

2週間ほどでアコムより取引履歴(アコム取引内容が一覧になった書類)が開示。
計算の結果「元本100万円(ほか利息30万円)」アコム過払い金発生を確認。
→速やかに調査結果を報告します。

(3)返還交渉(裁判なし・あり)

スピード回収の場合は、請求書発送から1週間程度でアコムと和解成立。
じっくり回収の場合は、訴訟提起から2~3ヶ月ほどでアコムと和解成立し裁判は取下げ。
→アコムからの和解提案を依頼人に確認し和解条件を決定します。

※裁判所は司法書士が代理人で対応するため、依頼人は何もする必要はありません。

(4)入金(過払い金の清算)

アコム過払い金は、まず当事務所に返還されます。
成功報酬を引いた差額を依頼人指定の銀行口座に振込にて返金。

※原則即日に返金処理。遅くても3営業日以内を目安に返金します。
※数社のご依頼がある場合には、戻ってきた業者ごとに順次返金します。

(5)完了(書類の返却)

最後に「業務報告書」「アコム取引履歴原本」「アコム和解書原本」「報酬の領収書」など完了書類一式を郵送またはご来所にて返却し無事手続き完了。

アコム過払い金 手数料について

手数料は依頼する事務所によって異なります!

過払い金を請求する際の手数料は事務所によって大きく異なります。料金が違うということは、同じ過払い金が回収できても、お客様の手元に戻る金額が少なくなってしまうということです。また大手法律事務所の費用は高額に設定されていますのでご注意ください。

【関連】過払い金請求 手数料比較 弁護士・司法書士どっちが安い?

  • 【裁判なし】スピード回収コース 成功報酬18%
  • 【裁判あり】じっくり回収コース 成功報酬23%(裁判費用を含む
    その他追加料金は一切なし。成功報酬のため過払い金が回収できなければ0円です。

相澤法務事務所は「着手金なし」「成功報酬のみ」というシンプルな料金体系です。万が一過払い金が戻らなかったケースでは費用は0円ですので安心してお任せください。

アコム過払い金デメリットについて

アコム過払い金を請求することによってデメリットはあるのか?大きな影響が出てしまうのであれば、わざわざ過払い金を請求しなくてもよいと思っている方へ、考えられるアコム過払い金のデメリットを紹介します。

結論すでに完済している状態でのアコム過払い金請求であれば、アコムカードが利用できなくなる以外のデメリットはありません。返済中での任意整理に関しては信用情報への登録の可能性がありますので、この点はしっかりデメリットとしてご確認下さい。

アコム過払い金とカード解約について

  1. アコムへ過払い金請求や任意整理をすると、自動的にアコムカードが「解約」扱いとなり利用できなくなります。
  2. アコムカードにショッピング機能(アコムマスターカード)が付帯されている場合は、キャッシング機能と併せ、ショッピング部分も解約扱いとなり利用できなくなります。

    ※ショッピング残高が残っていると借金とみなされるため、完済扱いにはなりません。デメリットなくスムーズに手続きをご希望の場合は、ショッピング残高も併せて完済して下さい。

  3. 完済後のアコム過払い金請求であれば、現在利用中のクレジットカード等へは影響ありません。

アコム過払い金と信用情報(ブラックリスト)への影響

[完済しての手続き] 影響なし※カード解約の有無にかかわらず | [返済中での手続き] 引き直し計算後過払い(借金0になる)影響なし、引き直し計算後残あり(借金が残る)影響あり

すでに完済している場合でのアコム過払い金手続きであれば信用情報にまったく影響ありません。
信用情報に影響がでる可能性があるのは、アコム返済中で手続き(債務整理)した場合です。

全額完済(ショッピング利用分も含め)していれば現在信用情報には全く影響がないので、いろいろと信用情報が気になる方は、しっかり完済してカード解約後に手続きすることをお勧めします。

※信用情報登録については、相澤法務事務所が内容を保証するものではないので、詳しくはアコム又は各信用情報機関へ直接お問い合わせください。

住宅ローンや審査への影響

住宅ローンや審査への影響ですが、完済後の過払い請求でれば今後の融資に影響ありません。
残債が残っている状態だと影響が出る可能性がありますのでご注意ください。

アコム過払い金返還交渉の注意点

アコム過払い金返還交渉の際、法律上争点があるケース(アコム側との交渉がうまくいかないケース)は、請求できるアコム過払い金の額が上下する場合があります。

▶アコム取引途中に、一度完済してから数年後また借りたなどの空白期間(取引の分断)があるケースや、一度カードを「解約」してから再契約しているケース。

▶取引途中に返済が厳しくなるなどで、アコムと本人との直接示談により、利息をカット(0%)にしてもらった経緯などがあるケース

▶取引途中に返済が厳しくなり、アコム返済窓口に自分で支払の猶予などを相談し、結果金利をカット(0%)又は減額してもらった示談書があるケース(和解無効を主張)

デメリットについてもっと詳しく知りたい!
過払い金請求のデメリット
アコム過払い金請求のデメリット

裁判しないとアコム過払い金は戻らない?(訴訟提起について)

アコム過払い金を請求する際は裁判(訴訟)をしないと解決できないと理解している方が多くいるようです。実際過払い金を返還してもらうには2つの交渉パターンがあります。

  • 話し合い   請求側と業者側とで話し合い返還金額や入金日を決定する
  • 裁判(訴訟) 金額を妥協せず、裁判所に訴え全額の回収を求める

よく勘違いされやすいのが、アコムを含め業者側がすんなり過払い金を認めてくれないので、裁判をして認めさせると思っている方も多いようですが、現在は最高裁の確定的な判決(みなし弁済)があるため、アコム側が過払い金を認めないことはありません。

基本的には、業者側の立場からすると過払い金の発生自体はすんなり認めるが、少しでも減額(値切りたい)してほしいのが本音であり、ここに請求者側との交渉という概念が発生します。

ネット上では様々な提訴事例が紹介されていたりで強制執行や控訴されたなどの情報を読むと不安になりがちですが、争っていくと口頭弁論を繰り返し様々な判例があったりと、ややこしい用語が並ぶわけです。

相澤法務事務所では過去アコムとは裁判(訴訟)で徹底回収を方針としていましたが、現在はアコム側の提案条件もよくなり、お互い話し合いにてスムーズに好条件で解決(目標として9対1を目安に和解)できていますのでご安心ください。

アコム 過払い金の和解交渉について

自分でアコム過払い金を計算し調査できる?

自分でアコムの過払い金が知りたい方は、弁護士や司法書士に相談する前に調査可能です。
アコムから「取引履歴」と呼ばれる書類を取り寄せて計算することにより、あなたの過払い金が判明します。

計算方法は意外と簡単で、ネット上には様々な計算システムやアプリが公開されているようなので、ご自身にあったツールを選択し計算してみるのもよいでしょう。相澤法務事務所でも独自に開発した下記システムを無料公開していますので是非ご利用ください。

また、アコム過払い金の計算方法を詳しく知りたい方は下記ページを参照してください。

まずはアコム取引履歴を取り寄せよう!

いきなり弁護士・司法書士に相談することに抵抗がある方や、アコムとの取引内容の記憶が曖昧な方は、取引履歴を取り寄せることによって過払い金の返金対象なのかがハッキリします。

実際アコムは、2007年6月18日から新規契約の年利を18%に変更しました。そのため過払い金の対象者はこれ以前の契約者に限られます。

  • 2007年6月17日以前に契約した方 → ○
  • 2007年6月18日以降に契約した方 → ×

履歴の取得は簡単です。まずはアコムの代表電話番号に電話し「取引履歴(とりひきりれき)」がほしい旨伝えれば、店頭受け取りまたは郵送にて開示されます。

アコムの取引履歴開示請求(アコム公式HPからの参考情報)
お問い合せ先 0120-07-1000
※詳細はアコムにお問い合わせください。

これで完ぺき!アコム過払い金直前チェック

そもそもアコム過払い金とは?

アコム過払い金とは、過去アコムでキャッシング利用中に発生しているかもしれない「払いすぎた利息=過払い金」のこと。
アコム過払い金は、アコムから自動的に返還してくれるものではなく「過払い金返還請求」しないと返してもらえない。

アコム過払い金返還請求は個人ですることも可能だが、通常は手数料を支払って弁護士・司法書士と呼ばれる法律の専門家が代理して手続きするのが一般的。

◇ポイント まずは過払い金の無料相談を利用しよう!

【関連】過払い金請求とは?直前に必ずチェックしたいポイント(まとめ)

アコム過払い金 入金までの請求期間(まとめ)

アコム過払い金がいくらあるかの調査(履歴取得と計算)は比較的自分でも簡単にできる。その後の返還交渉がポイント。
アコムは個人と専門家が請求するケースで対応が違う。また交渉力があるなしで法律事務所によっても対応を変えているのも事実。

取引履歴開示までの期間 開示請求から約2週間 ※個人で窓口に行くと即日
過払い金の計算期間 コツをつかめば数時間程度
個人交渉での請求期間 返還率5割ほど  入金期間1ヶ月~無限大
専門家交渉での請求期間 返還率7割~9割ほど 入金期間1ヶ月~6ヶ月
裁判をしての請求期間 一般的には半年~1年ほどで全額回収

◇ポイント 専門家に任せた方がスムーズで期間も早い!

【関連】アコム 取引履歴の開示請求先と見方について

【関連】アコム 過払い金計算の方法やコツを紹介

【関連】アコム過払い金請求は和解だと減額?裁判だと満額?

アコム過払い2016年の最新対応は?

アコム過払い金請求への対応は2016年まで現状大きな変化はない。
アコム過払い金請求件数自体は減少傾向にあるようだが、未だ大手による過払い金cmが盛んな現状から分かるように横ばい状態。

任意の交渉(請求書対応)では、全額の返還に応じないアコムだが、裁判するとアコム対応は変わり、好条件での和解が可能な状況。

◇ポイント 2016年もアコム対応は変わらない!

アコム過払い金時効は10年?はいつまで請求できる?

過払い金はいつまでも請求できるものではなく、時効がある。
つまり請求しないで放っておくと法律で過払い金を返さなくてよいとなっている。
時効の起算点は「完済日」から10年ちょっと勘違いしやすいので事例で紹介。

<2016年現在で説明>

(1)1995年取引開始 2003年完済 完済日より10年経過しているため時効

(2)1995年取引開始 2010年完済 2020年まで時効ではないため請求可能

※(2)のケースで、2016年から遡って10年分しか請求できない分けではなく、1995年~2010年までの全額を請求できます。

ポイント 時効の起算点(完済日)を確認しよう!

アコム過払いの依頼は弁護士or司法書士?

弁護士と司法書士どっちに依頼する方がよいかは一概には言えない。
理由はお医者さんもそうだが、先生によって当たりはずれがある。
過払い金請求に関しても「交渉」という概念があるため、同じ100万円の過払い金でも取り戻せる金額が変わってくる。

また事務所によって手数料が全く違うので、結果たくさん回収できても、依頼人の手元に戻るお金が変わってくる。
以下の点に注意して依頼先を選択するとよい。

(1)手数料 着手金なし 減額報酬なし 成功報酬20%以下

(2)返還率 過払い金元本の8割以上

(3)期間  相談から半年以内

◇ポイント 事務所の業務姿勢によって大きく変わる!

【関連】過払い金請求 手数料比較 弁護士・司法書士どっちが安い?

アコム完済してるが解約した方がよい?

ネット上でアコムカードを解約しないで過払い請求するとブラックリストに載っちゃうと説明があるとのこと。
しかしこれは全く事実と違う。
そもそもブラックになるのは返済中で債務整理をし、借金の返済金額や回数を見直ししてもらうケース。

過払い請求は、すでに完済した借金に過払い金があれば請求するもので債務整理とは関係ない。
そのため完済していればカード解約うんぬんは関係ない。
なお、過払い請求するとアコムカードは自動的に解約処理となる。

◇ポイント 気になるなら解約後に相談しよう!

【関連】アコム 過払い金請求のデメリット(リスク)

最短での解決期間は?最新事例が知りたい!

相澤法務事務所は過払い金のスピード解決が評判です。
最新アコム最短は解決まで15日。返還まで34日でのスピード回収になります。

状況 スピーディーな事務処理
8月23日 相談 即日アコムへ受任通知提出し手続きスタート
9月2日 取引履歴開示 即日引き直し計算完了し即日交渉スタート
9月7日 和解成立 71万8,000円を9月30日返還で示談成立
9月26日 清算 手数料139,579円(税込19.44%のみ)を引いた
578,421円を即日振込みにて返金

※アコム過払い金は、4営業日前に入金される傾向にある。

◇ポイント スピード回収&スピード返還が原則!

【関連】直筆アンケート2,000通以上を公開!解決事例2016(一覧)

アコム残債ありで手続き!返済中だと債務整理になるの?

6で説明したが、すでに完済している過払い請求はデメリットやリスクなし!
では返済中でアコム過払い請求するとどうなるか?下記の3パターンが考えられる。

依頼前 過払い金調査 手続きの分類
(1)完済(借金0) 50万過払い金発生 50万円を「過払い請求」
(2)30万返済中 50万過払い金発生 30万引いた残り20万円を「過払い請求」
(3)100万返済中 50万過払い金発生 50万引いた残り50万円を「債務整理」

最初の(1)は説明済み。(2)は、依頼前はアコム返済中の状態だが、過払い金が50万あるため、手続きは現在の借金30万と過払い金50万を相殺した残り20万を過払い請求することになるため、債務整理ではない。

問題は(3)で、一見50万の過払い金のみ過払い請求できると考えがちだが、実務上は過払い金のみは返金してもらえず、相殺処理となる。
そのため残った50万を一括返済するか、通常は1万×50回払いなどの分割交渉となり債務整理扱いとなる。

◇ポイント しっかり完済してればデメリットなし!

【関連】過払い金を請求するとブラックリストに載るってホント!?

アコム過払い金に関する窓口や電話番号(まとめ)

アコムへの全般的な質問や取引履歴の取得に関しては総合のフリーダイアルで対応してくれます。
電話越しでオペレーターさんより本人確認がされ質問に答えてくれるようですので詳しくは直接ご確認下さい。

要件 電話番号 コメント(連絡先・住所など)
アコム総合窓口 0120-07-1000 アコムに関する全般的な窓口
取引履歴の取得 0120-07-1000

電話で本人確認「氏名・住所・生年月日」後

郵送または店舗での直接受け取り

請求書の送付先 03-3222-2666 東京公的応対センター(審査第二部)
東京都千代田区富士見2-15-11

※随時追加!

アコム株式会社の沿革(参考資料)

商号 アコム株式会社
ブランド アコム
関連 三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)
DCキャッシュワン
じぶん銀行カードローン

アコム過払い金請求ナビ(2017年版)に対応中!

アコム過払い金請求ナビは現在2017年版に順次ページを更新中です。
これからも最新情報を更新し続けていきますので、ご依頼の際の参考にしてください。

調査費用0円まずはあなたの過払い金を確かめて下さい。

相澤法務事務所の優良なサービスを自信をもってお届けします

  • 無料相談・ご予約 [東京・大阪][全国OK] | Web申込 24時間受付中無料相談・ご予約 [東京・大阪][全国OK] | Web申込 24時間受付中

▲ページの先頭へ