過払い金請求ナビ セディナ(omc) 2017年最新版

執筆: 司法書士 相澤 剛 更新

「セントラルファイナンス」、「クオーク」、ダイエーでお馴染みの「OMC」、が合併して誕生した「セディナ」。銀行系列であるため、資金面での懸念は少ないと思われます。

セディナは、2007年前後から一斉に法定内金利の契約に切り替えているため、過払い金の対象となる取引は、2007年以前から取引をしていた方が対象となります。

セディナは取引履歴の開示まで期間が遅いことが特徴でありますが、その後の和解交渉は比較的スムーズに対応してくれる業者です。

セディナ過払い金 和解の現状

個人での過払い金請求には厳しい対応。
しかし弁護士・司法書士から請求すれば、満額回収は比較的容易。

セディナ(OMC)過払い金の対応は信販会社の中でもよい方です。弁護士・司法書士からの請求に対して話し合いでの和解交渉でも過払い金元金満額ベースの提案もあったりと柔軟に対応。しかし過払い利息まで請求するには裁判が必須。

相澤法務事務所では、セディナ過払い金計算後、速やかに依頼人に請求方針を確認。原則裁判にて過払い金利息も含めたスムーズな全額回収を目指していますのでお任せください。

セディナ過払い金返還請求から入金までの期間は6カ月程度が目安となります。取引履歴の開示が早かった方は4~5カ月程度が和解の目安です。

■任意交渉 = 裁判せず話し合いによる交渉のみ

  • 本人(個人)での交渉
    過払い金元本の5割~7割程度
  • 弁護士・司法書士による交渉
    過払い金元本の7割~9割程度

※段取りよく交渉できる事務所であれば、ご依頼から2~3ヶ月前後での回収になるようです。

■裁判交渉 = 訴訟を提起した上での過払い交渉

  • 本人(個人)での交渉
    過払い金元本の5割~10割程度
    (過払い利息5%含む)
  • 弁護士・司法書士による交渉
    過払い金元本の9割~10割程度
    (過払い利息5%含む)

※段取りよく裁判できる事務所であれば、ご依頼から5~6ヶ月前後での回収になるようです。

裁判所でのセディナ対応

  • 特に争点がない取引であれば、2~3回裁判所で争うことにより満額回収は比較的容易。

セディナ過払い金回収の目安(2016年12月現在)

【裁判なし】スピード回収コース

【裁判なし】返還割合100%まで| 回収期間6ヶ月

【裁判あり】じっくり回収コース

【裁判あり】返還割合100%+αまで| 回収期間6ヶ月

・返還割合とは…

純粋な過払い金部分を100%とし、何%回収できているかの目安

・回収期間とは…

ご依頼から実際に過払い金返金までの手続き期間目安

※「返還率・返還日」は各業者の経営状態、弁護士・司法書士の交渉力によって変わってきます。
事務所選びの際には、「手続き報酬」とならび「返還率・返還日」についても判断材料となさってください。

セディナ過払い金の対応はクレジットカード会社の中でもよいです。特徴としてダイエーOMCカード時代からの取引だと、取引履歴の開示に3カ月ほどかかる傾向にありますが、その後の過払い金返還交渉はスムーズな対応です。

裁判ありの+α部分は、いわゆる過払い利息を指し、過払い金発生時から年5%の割合で請求できます。長期間取引があった方や、完済してから数年経過している方は過払い利息を含めた全額の回収を目指しています。

最新!セディナ過払い金和解対応データ(2014・2015・2016年12月

セディナ過払い金2016年12月までの年間回収実績と、最新の和解データを基に、実際の返還金額や平均値また解決するまでの期間を業務の進捗段階ごとに紹介。

 

<セディナ過払い金返還の内訳(2016年8~12月)>

ご依頼件数 5件
最高返還金額 115万6,000円
最低返還金額 18万5000円
合計返還金額 258万6000円
1件あたり平均 51万7200円

<履歴取得・和解成立・入金までの期間(2016年8~12月)>

取引履歴開示まで 平均48日 ※セディナから調査履歴が開示されます
和解日まで 平均58日 ※過払い金と入金日が確定します
入金日まで 平均119日 ※実際にお金が戻ってくるまでの期間です

<最新解決実績(2016年8~12月) ※入金日ベースで試算>

受任日 和解日 入金日 返還金額
4月30日 6月14日 8月12日 56万3000円
5月9日 6月14日 8月12日 115万6000円

ご相談~過払い金返還までのスケジュール例-セディナ対応編

セディナ過払い金が実際に返還されるまでの期間をシミュレーション。

セディナ過払い金返金までの流れ
日付 裁判なし(スピード回収) 裁判あり(じっくり回収)
2月1日 初回相談・ご依頼(※以後は司法書士にお任せ)
セディナへ「受任通知」発送(手続きスタート)
3月18日 セディナより「取引履歴」開示
3月20日 セディナ過払い金を計算「調査完了」
「例:元本100万円/利息30万円」
→依頼人へ調査結果報告
セディナへ「請求書」発送 セディナへ「訴訟」提起
4月10日 セディナと「和解成立」
返還額 100万円(元金満額)
入金日 5月31日
→依頼人へ和解内容報告
4月28日

セディナと「和解成立」
返還額 130万円(利息含む)

入金日 6月30日

→依頼人へ和解内容報告

5月31日 セディナより「入金あり」
→依頼人へ「82万0,000円」振込み

 

6月30日

セディナより「入金あり」
→依頼人に「100万1,000円」振込み

index_img_02 index_img_02

セディナ過払い金請求の特徴は、旧OMC分の取引履歴の開示が遅い(20年前後取引がある方)ことです。なお、旧セントラルファイナンスやクオークローンは1カ月前後の開示になります。

履歴開示後の過払い請求に対しての対応はスムーズで、訴訟を提起すれば過払い利息を含めた和解も可能です。セディナから過払い金が事務所に返還された後、事務所報酬を差し引いて速やかにご依頼者さまの銀行口座に振込にて返金いたします。

(例)セディナからの過払い金返金の結果
セディナ過払い金 100万円
過払い報酬(18%・税抜) 18万円
依頼者へ返金 82万円(税抜)

※消費税については、過払い金清算時に適用される消費税率が適用されます。
・2016年の過払い報酬:戻ってきた過払い金の19.44%(税込)

セディナ取引履歴開示期間の目安

取引履歴開示請求から平均1ヶ月(OMCは最長3ヶ月程)で開示。

※通常はご依頼いただくと、相澤法務事務所で取引履歴の取得も代行します。
※セントラルファイナンスやクオークローン分に関しての開示期間は比較的早いです。


■本人による開示請求(ご依頼前に契約内容を確認したい方)

弁護士や司法書士に依頼する前に、個人で取引履歴を取り寄せることも可能です。
直接セディナに電話で、契約当初からすべての「取引履歴」が欲しいと言えば、開示してくれます。

※上記は、相澤法務事務所がセディナに対し「個人が開示請求した場合の流れ」を確認したものです。
詳しくはセディナへお問い合わせください。

取引履歴の取得方法自分で過払い金を調べたい方はコチラ

セディナ過払い金請求と信用情報(ブラックリスト)への影響

  完済しての手続き 返済中での手続き
引き直し計算後過払い
(借金0になる)
引き直し計算後残あり
(借金が残る)
影響あり    
影響なし
※カード解約の有無に
かかわらず
 

※上記はあくまでも他業者の運用や、各信用情報機関の情報を参考に作成した参考情報です。信用情報登録については、相澤法務事務所が内容を保証するものではないので、詳しくはセディナ又は各信用情報機関へお問い合わせください。

過払い金請求の注意点(デメリット)-セディナ対応編

  1. 過払い金返還請求・任意整理をすることにより、セディナカードが利用できなくなります。
    ※なお、セディナについては、旧OMC分、旧セントラルファイナンス分、旧クオーク分すべての契約が手続きの対象となります。(例/旧OMC分について過払い金返還請求を行い、旧セントラルファイナンス分のカードは利用を続けるというようなことはできません)
  2. セディナカードのショッピング利用がある場合は、その残高と過払い金とが相殺されます。
    ※なお、ショッピング利用分は法定内貸し付けのため、過払い金は発生いたしません。
<カード再発行の有無>

過払いの状態で解決した場合は、手続き終了後、新たに申し込みが可能です。再審査のうえ、問題がなければ再度カードを作ることができるようです。詳細は直接セディナにお問い合わせください。

過払い金請求リスクをプロが徹底検証!【デメリット30】

株式会社セディナの沿革(参考資料)

商号 株式会社セディナ
ブランド セディナ
関連 オーエムシー(OMC)カード
セントラルファイナンス
クオーク
三井住友フィナンシャルグループ

セディナ過払い金請求ナビ(2017年版)に対応中!

セディナ過払い金請求ナビは現在2017年版に順次ページを更新中です。
これからも最新情報を更新し続けていきますので、ご依頼の際の参考にしてください。

調査費用0円まずはあなたの過払い金を確かめて下さい。

相澤法務事務所の優良なサービスを自信をもってお届けします

  • 無料相談・ご予約 [東京・大阪][全国OK] | Web申込 24時間受付中無料相談・ご予約 [東京・大阪][全国OK] | Web申込 24時間受付中

▲ページの先頭へ