WEB診断
メニューボタン メニューボタン
上部へ戻る

過払い金体験談Vol.14

過払い金体験談Vol.14 | バブル期に失敗した借金…過バライ金請求で3社300万円の回収

原案:司法書士 相澤 剛 更新

借金体験談

今回ご紹介するお話はこちら。

バブル期の借金3社300万円の回収

体験談
【きっかけ】

バブルの真っ只中で趣味の範囲を超えた借金を重ねた

【学んだこと】

軽い気持ちで借金したが金利の高さにビックリ

【メッセージ】

後悔する前にまず調査を依頼すべき

今回ご紹介するのは、「バルブ期に自転車操業でお金を借りていた方」の過払い金体験談です。

お金を借りたきっかけや当時の状況、そこから学んだこと、そして過払い金請求について教えてもらいました。

相澤法務事務所では、過払い金請求をご依頼された方に体験談の協力をお願いしています。

報酬額がお安くなるお得な還元サービスですので、ご協力できる方はお申し出ください。

動画で解説

【過払い金】バブル期の借金...過払い金請求で3社300万円の回収!

2021年08月30日配信

関連過払い金を動画で解説【一覧】

【借金ストーリー】バブル期に付き合いや趣味その他諸々で借金をつくる

バブル期の借金

借金をした理由や当時の状況について、直筆のメッセージを借りてお伝えします。

安易な考えで膨らんだ借金

相談者 ・お金が必要な時があって窓口に行かなくても郵送での申し込みでカードが届くので便利と思った。
・親に迷惑をかけるのが嫌だった。
・元々、銀行系(VISA・JCB)のカードでキャッシングの経験があり安易に考えていた。
・当時は、交友関係も広くバブルの真っ只中であり自分の趣味の範囲を超えていた事に気付くのが遅れ借金を重ねた。

体験者はバブル全盛期にキャッシングを利用していたそうです。

バブル期にあたるのは1980年代後半から1990年はじめくらいの時期で、この頃は不動産価格が跳ね上がり給料もまだ右肩上がりだった時代。

率直に言うと「いい時代」で、金払いのよい人が結構いました。

お金がどんどん回る時代は金融業界が大活躍します。

実際にバブル期の銀行は花形産業でした。

そんな時代ですので、お金を借りる人がたくさんいて、体験者もそのうちのひとりだったのでしょうね。

それだけ借りる人が多ければ抵抗感も薄くなってしまいますよね。

ATMの設置、CM広告の増加。

借りやすい環境もそれに拍車をかけたみたいです。

今の時代と感覚も価値観も違うのは見逃せないポイントですね。

【借金で学んだこと】金利は高すぎる・簡単に借りられるのは怖い

金利はあきれるほど高い!

借金してはじめて気づくことや学ぶこともたくさんありますよね。

相談者 ・軽い気持ちで借金したが金利の高さにビックリし、元金が減っていかない。
・簡単に借りれるので切羽詰まった気持ちにならないので恐い。
・給料の範囲で返済できると思っていたが自転車操業となり、それを克服するのにかなりの月日を要した。
・キャッシングの実績に応じ限度額が上がっていくので、それにつられ限度額いっぱいまで借りてしまう。

金利は今とぜんぜん違う!

過払い金が戻ってくる時代の借金なので、金利はあきれるほど高い!

どれくらい高かったかというと、25~29%くらい。

現在の消費者金融キャッシングが18%程度、銀行カードローンが14%程度ですので、10~15%近くも高いのです。

返してはまた借りるの繰り返しパターンが多く、元金もなかなか減りません。

また、怖いのは、「危機感を持ちづらい」こと。

ATMなどの「便利」は100%善とは言い切れず、副作用の面もあります。

ハードルが低いせいで歯止めが利かなくなり、気がつけば借金漬けになってしまうことも。

体験者も当初は収入の範囲で返済を計画していたようですが、いつの間にかそのキャパを超えてしまい、「お金を返すために別の業者から借りる」自転車操業になったようです。

体験者の経験からわかること

体験者の経験からわかること

キャッシングは、「借りた分だけ返せる」仕組みになっていない

「気軽に借りれる」は実は怖い

収支に合わせた借入・返済計画はぜったい必要!

過払い金請求!戻ってきたお金は3社300万円!

妻と相談し請求へ

借りていたのは金融業界が大変に元気だったバブル期。

その時代に借りては返し、また別のところで借りる自転車操業。

これで過払い金が出なかったらウソでしょう。

相談者 今回、妻と相談し今までの事を振り返り過払い請求を決めました。

実際戻ってきた過払金は、3社合計で300万有り手数料を引いても約200万円ものお金が戻って来ました。

体験者はアプラス、セディナなど3社合わせて約300万円の返金に成功!

返金交渉を託す依頼先を相澤法務事務所に決めたとき、何が決め手となったのでしょうか?

【決め手1】不安をことごとく潰してくれたので心置きなく頼めた

不安その1

業者がどんな対応するか気になる
・かなり昔の事で、今さら業者と揉めたりする事は無いのか不安だった。
・親や会社に電話がかかってきたりして迷惑がかからないかと不安だった。

体験者は過払い金請求した業者がどんな反応をするのか不安でした。

昔の業者は取り立ての仕方が手荒かったこともあり、当時の強いイメージが残っていたのでしょう。

現在の業者の特徴を知れば、必要以上に恐れることもなくなります。

それを知ることができるのが、相澤法務事務所HPの業者別対策ページ。

解決その1

事務所HPの充実
・消費者金融やクレジットカードの対応が分かりやすく自分に置き換え調査がしやすい。
・依頼先によって戻ってくる金額や期間が違う。過払い金回収をリアルに公開し最適と思われる回収方法を示唆してくれる。

消費者金融やクレジットカード会社がどんな対応をするのか業者別にまとめています。

アコム、プロミス、レイク、エポス、セゾンなど、過払い金請求の対象となる業者はだいたい押さえています。

これをご覧いただければ業者がどんな対応をするのかバッチリというわけです。

【決め手2】事務所がすべて引き受けてくれる

不安その2

請求後の影響や負担
・裁判所に行ったりして呼び出しがあったりして会社を休まないといけないのか不安だった。
・今回の過払い金請求をする事によりブラックリストに乗る様な事は無いか心配だった。

過払い金請求における裁判はとても重要な選択肢のため、裁判に関する情報は多くの依頼者が気になるところです。

誤解される方もいますが、本人が訴訟提起する必要はなく、事務所がすべて引き受ける訴訟代理で手続きを進めていきます。

法律・法務事務所に依頼すれば、本人は結果を待つだけでよいのです。

そんな裁判のことや、ブラックリストの疑問について、気軽に質問できてなおかつちゃんと答えてくれる事務所であれば助かりますよね。

解決その2

安心の相談サービス
・不安や疑問に思うことがあっても、その一つひとつに丁寧に回答してくれた
・万一、裁判になったとしても本人が行く事もないし代理人の先生が行ってくれ任せても大丈夫と言われ安心した思いがあります。

相澤法務事務所では、質問受付は電話でも承りますし、LINEやメールでも可能です。

過払い金請求に関して気になることは遠慮なくお聞きくだされば、こちらとしてもニーズに合わせた対応がしやすくなりますので、お気軽にご相談ください。

相談者 ・実際戻ってきた過払金は、3社合計で300万有り手数料を引いても約200万円ものお金が戻って来ました。
・思ってもいなかった過払金が入ると、正直嬉しく請求して良かったと素直に思えるよ。

最初はそれほど期待していなかったのに、この金額。

誰だってうれしくなりますよね。

相談者 定年まで見えてきている状態で少しでもお金がある事に超した事はなく思っていた以上の返金に驚いています。

まさにビッグボーナス。

「少ないだろう」「ないだろう」と思っていたら、意外と多かった。

過払い金請求ではよくある話です。

【メッセージ】後悔するのが嫌だったら行動しよう!

メッセージ

相談者 迷いは分かりますが、思い切った方が得しますよ!
後悔する前にまず調査を依頼すべきです。

人に言いたくない事であるかもしれないが、ここは思いきって、ご主人や奥さまや子供さん等と相談する勇気を持って下さい。

力強いメッセージを頂きました。

2007年以前にキャッシング利用していた人は過払い金調査をおすすめします。

過払い金請求は完済後10年で時効、その時点で請求権利は失われ、一円たりとも戻ってきません。

請求するかしないかは調べた後に決めても遅くはないので、気になる方はご相談ください。

大募集:500文字の体験談

全国対応!調査費用は0円

  • 安心でシンプルな費用
  • 円満な交渉力とスピード解決
  • 安全な短縮面談とWEB面談