WEB診断
メニューボタン メニューボタン
上部へ戻る

過払い金体験談Vol.7

過払い金体験談Vol.7 | 請求書も通帳記録もなし、カードも紛失!調査できる?

原案:司法書士 相澤 剛 更新

請求書も通帳記録、カードもなし!調査できる?

体験談
【不安】

記憶が曖昧

過払い金を請求できる期間内なのか

請求書も通帳もなく返済履歴が分からない

あるとわかっている過払い金。

それも遠いむかしの話だから、その事実を示す書類は何も残っていない。

だから請求できない?

そんなことは決してありませんので、どうぞご安心ください。

今回は、「ずいぶん前の話で記憶があいまい、請求書も通帳も何も残っていないし大丈夫?」という不安があった方の体験談をご紹介。

プロにお任せすれば、ほんのわずかな情報からでも当時の記録を突き止められます。

過払い金請求は私たち相澤法務事務所にお任せください。

ずいぶん前の借金だし、今はその痕跡すらなく…

心配されていたことは、「すでに時効ではないか」「手元に情報が残ってないのに請求できるのか」

記憶が曖昧
依頼する前に不安だったのは、返済は随分前に終わっていたのでどれくらい前まで返済していたのか記憶が曖昧
すでに時効ではないか
過払い金を請求できる期間内なのか不安でした
手元に情報が残っていない
当時の請求書も残ってなく、通帳も古いものは捨ててしまっていたので、返済履歴が分からない事も不安に思いました。

過払い金でよくある「時間が経ち過ぎた問題」

記憶あやふや大丈夫?

何せ「お金を返す手続き」なものだから、必要な書類も厳しめにチェックされる。

そんなイメージがあったのでしょう。

あやふやな状態で果たして法律事務所が依頼を受けてくれるのか、そこのところも心配になってしまいますよね。

請求書も返済記録が載った預金通帳も整理した後で、過払い金請求ができるのか? 

何の問題もありません。

返済記録は業者に問い合わせることで確認できるからです。

当時の請求書や領収書がないからといって請求できないことはないので、同じようなお悩みを持つ方はご安心ください。

カードも紛失したまま…

会社がなかったらどうしよう

返済を終えたカードはすでに処分した、だから請求できない?

こたえNOです。
カードを紛失しても調査はできますし、それを理由に返還を断る業者はありません。

また、金利が高かったときと今では会社名が変わったという業者も多いのですが、だからといって一概に請求できないとはいえません。

確かに業者によっては権利移行の関係で請求が難しいケースもありますが、むしろそれは数少ない例外です。

だいたい請求できることが多いので、さほどの心配はいりません。

むずかしい調査はプロにお任せ

結婚で姓が変わった、引越しで住所が変わった、だから調査は無理? あきらめたほうがいい?

あきらめないで! ちゃんと請求できますから。

手がかりもないのですから、心配になるのは仕方ありませんね。

しかし、そんなときのために私たちプロがいると思ってください。

請求書や領収書がなくても調査はできます

証拠がなくても大丈夫

業者名や利用期間などがわかればこちらでお調べします

調査は無料

借りていたときの請求書や領収書、カード、返済記録を記載した通帳などは、過払い金請求において必須ではありません。

極端な話、手続きしたい業者名さえわかれば、こちらでお調べできます。

おおまかな取引内容(期間や限度額など)もわかればなおスムーズです。

依頼前に何も情報がないことを心配されていましたが、振り返ってみて「もっと早く相談してもよかった」と正直な気持ちを打ち明けておられます。

これを読んでいるあなたも、もし何かお悩みなら、取り越し苦労かもしれませんよ!

体験者の言う通り、早めに相談するのが一番。

解決できればスッキリします。

相談だけでお金はかかりませんので、そのほうがだんぜん得策です。

先延ばしして時効になってしまうのがいちばんもったいない!

完済後10年で時効

不安になる気持ちはもちろんわかります。

しかし、そのせいで手続きに踏み切らず、受け取るべきお金をフイにしてしまうことこそ、「痛い」のではないでしょうか?

「不安」が強すぎて、なかなか前へ踏み出せない方がたどる末路には、大きく分けて次のふたつがあります。

ひとつは、「何とか勇気を絞り出し、行動に移した結果、過払い金を手にする」

もうひとつは、「気になること多いからと先延ばしにした結果、時効になってしまう」

平均100万円前後あるとされる過払い金、解決できるのにしないまま時を過ごしてゼロにしてしまってよいのでしょうか?

最終的に決めるのは本人ですが、やはり普通に考えて、戻ってくるお金をみすみす逃がしてしまうのは損だと思います。

「はやくやっておけばよかった」

そんな声もたくさん聞いてきた専門家の立場で言わせていただくなら、「とりあえずご相談ください。請求するかしないかはその後に決めてもらって構いません」となります。

時効になって後悔するか、一歩踏み出してお金を手に入れるか。

じっくりご検討を!

デメリットを感じても…損はないから気軽に相談を

デメリットを気にしている方へ、体験者からのメッセージを受け取ってください。

相談するだけで、後はお任せ

この世界は相談したもの勝ち!

気軽に問い合わせてみると良い

みなさん、借金のことなので、相談する前は「気が重い」と躊躇されます。

ただでさえ人目をはばかる借金問題。

敷居の高い法律家の先生に相談するのはなお気が引ける。

そこを突破して一歩踏み出すあなたはエライ!

正直な話、お高くとまる先生たちが本当に多く、相談しづらい気持ちは確かにわかります。

しかしこの世界、すべての先生が上から見る人ばかりじゃありません。

相澤法務事務所は、「低姿勢でみなさんの話に耳を傾ける、依頼者ファースト」の数少ない事務所だと胸を張っていえます。

費用が高くて依頼者を軽視する事務所を選ぶことこそ過払い金請求のデメリットなので、事務所選択さえ間違えなければ満足して終わる可能性が高いです。

「気軽に問い合わせてみるといい」「早めに相談してスッキリしたほうがいい」をぜひ体感してください。

そして過払い金をゲットしましょう!

大募集:500文字の体験談

全国対応!調査費用は0円

  • 安心でシンプルな費用
  • 円満な交渉力とスピード解決
  • 安全な短縮面談とWEB面談