WEB診断
メニューボタン メニューボタン
上部へ戻る

よくある質問

め行よくある質問(6件)

原案:司法書士 相澤 剛 更新

6

過払い金 め行 よくある質問 ランキング

め行の1位は「目安」。
過払い金が出る人の目安となる期間や金利がどれくらいかって事をざっくり教えるね!

2位の「メリット デメリット」。
過払い金のメリットといえばやっぱりお金が戻ってくることかな。
デメリットはなんだろうね!説明しよう!

3位は「面談なし」。
基本的には面談する必要があるんだけど、ビジネス志向の事務所は面談なしなんてこともあるかもね!

はい。め行はこんな感じ。

では「過払い金 め行」について。めっちゃ役立つ情報ゲットしたーーーってみよう(笑)

目安

方程式 目安

過払い金が戻る場合、だいたいどのくらいの金額になるか目安が知りたい人!
ざっくりだけど、ここで紹介するよ~。

目安 Q&A

過払い金の目安を教えて!

平成19年以前に金利18%以上で数年お金を借りてたら、数十万戻るかも!

かれこれ10年は借りてたかな…。

条件によって違うけど、50万円くらい戻るかもしれない。

業者によって金利は違うけど、平成19年を区切りにグレーゾーン金利から利息制限法の金利に設定が変更された。

グレーゾーン金利のアッパーの29%で、限度額50万円を借りてた場合…。
3~5年間で10~30万円、5~10年間で30~50万円が過払い金の目安になるよ。
もし、限度額が2倍の100万円で借りてた場合は、過払い金も2倍になるかも!
金利、限度額、期間によって過払い金は変動するけど、目安として参考にしてみてね。

メリット デメリット

方程式 メリット デメリット

CMでもよく目にする過払い金だけど、メリットとデメリットは何だろう?

メリット デメリット Q&A

過払い金のメリットを教えて!

まとまったお金が戻ってくる、ラッキー!

デメリットはあるの?

ほぼない!ブラックリストにも載らないし、嫌がらせとかもないよ。

人に情報漏れない?

ちゃんとした事務所に頼めば問題なし!だから事務所選びには注意。

過払い金はメリットだらけ!
数十万とか100万とかの単位でお金が戻る可能性もあるよ。
デメリットはほぼなし。一つ心配なのは、変な法律事務所を選んじゃわないかってこと。
CMとか無料診断とかに釣られず、しっかりホームページを見て信頼できる事務所かをチェックして。

あいきんくん的には、過払い金請求はやっておいた方がいいと思うな~。
直筆アンケートがあるからみんなの意見を参考にして、状況によって判断してみてね。

面談なし

方程式 面談なし

法律事務所に過払い金の依頼をしたいけど、面談なしがいいって人もいるのかな。
でも、基本的には面談する必要があるんだ。

面談なし Q&A

過払い金請求依頼で面談は必要?

本人確認の面談義務はある。とくに、司法書士は必ず面談する。

弁護士は面談なしでもいいの?

義務ではなく、あいまい。でも、ちゃんとした弁護士は面談してるよ。

面談なしの事務所がいいんだけど…。

あるにはあるけど、ビジネス主義で後々トラブルになる可能性も?

過払い金請求で司法書士は面談義務はあるけど、弁護士はそこのところがあいまいなのが現状。
だから、面談なしをうたい文句にしてる事務所もある。
けど、その理由は面倒だからとか、面談に時間をかけず儲けたい本音が見え隠れするし…。
ちゃんとした弁護士は面談をやってるから、トラブルを防ぎたいんだったらそういう事務所を選ぶべきだろうね。

メール相談

方程式 メール相談

過払い金の相談にも色々種類があるけど、メール相談したいって人は結構多いみたいだね。

メール相談 Q&A

過払い金の相談って直接会ってやるのが基本?

そうだね。お互いの信用が大事な業務でもあるからね。

じゃあメール相談だけで対応してくれるところはない?

ないこともない。でも個人的にはあまりおすすめしないかな。

なんでおすすめしないの?

客寄せに必死な事務所ってことだから、仕事の質が低いと思うよ。

最近は情報技術が発達してるから、直接会っての相談だけじゃなく、電話やLINE、メールとか、色んな相談手法があるのは間違いない。
でも、過払い金みたいなお金を扱う仕事は、やっぱり直接会ってやっておかないと、色々と不安な面も少なくないんだ。

ちなみにあいきんくんはメール相談はやっていないよ。
直接会って、お互いにしっかり信用しあってから、業務を進めるようにしてる。
受任後の報告とかは、LINEをつかって依頼者にとっても負担がないように進めるけどね。

明細がない

明細がない

過払い金の明細と言って思い浮かぶのは、「取引履歴」、「和解書」、「領収書」の3つかな。

取引履歴に関しては業者に言えばいつでも出してもらえるものだし、和解書に関しては業者との交渉が終了した証明書で、事務所と業者がそれぞれ一通ずつ持つものだから、無いはずがない。
領収書に関しても出さない事務所はいないよね。
だから、依頼者自身がうっかり無くしちゃった、というケースを除いて、明細がないなんて事象は起こる方がおかしいんだ。
もしも事務所から明細は出せない、なんて言われたら、なにかほの暗い要素を感じるね。

メール

方程式 メール

過払い金ってそれなりにナイーブな問題だから、電話とか直接じゃなく、メールでこっそり解決したいって人も多いみたいだね。

方程式 メール

あいきん君はメールでやりとりってどう思う?

基本的には反対派!事務所全体の指針としても、会うべきと言われてるしね。

でもなんで会わないといけないの?

お金に関わる問題だからね。悪用とかされてもいけないし。

あいきん君はメールは一切使わない?

受任後の連絡とか報告は、LINEを使ってるよ。

メールで済ましたいって人の気持ちもわからなくはないけど、過払い金の請求は当然の権利だし、何も悪いことじゃない。
それなのに頑なに会いたがらないってことは、何かそれ以外の「裏」を感じてしまうよね。
本気で過払い金問題に取り組んでいるからこそ、あいきん君は直接会うようにしています。
それが、最終的にはお客さんのためにもなるはずだから。
事後報告とか、見といてねってぐらいのことはLINEで済ますけど、それもお客さんファーストを貫いた結果だよ。

全国対応!調査費用は0円

  • 安心でシンプルな費用
  • 円満な交渉力とスピード解決
  • 安全な短縮面談とWEB面談