徹底比較!過払い金請求 消費者金融別にみる返還率・期間の違い

原案:司法書士 相澤 剛 更新

過払い金の返還交渉は、相手業者あってのもの。
マニュアルどおりに対応したり、いたずらにこちら側の主張を押し通したりする姿勢にこだわれば、とれる額もとれないでしょう。
依頼者としては、業者情報に熟知し、柔軟に対応する交渉スキルを持つ事務所をいかにみつけるかが、成否の分かれ道です。

今回は、過払い金請求の対象である消費者金融業者のうち、メガバンク系(アコム・プロミス)・レイク・アイフルに焦点を当てて、それぞれの返還率と手続き期間を比較。
多くの過払い金返還交渉を積み重ねてきた当事務所独自の視点から、業者の特徴と傾向を明らかにしていきます。

消費者金融の比較まとめ

こちらでは、過払い金請求の対象として多い消費者金融を「メガバンク系(アコム・プロミス)」「レイク」「アイフル」の3つに分類し、特徴を比較してみます。

アコムには三菱UFJ銀行、プロミスには三井住友銀行がバックについており、財政状況は安泰。
レイクも同じ銀行系ですが、親会社は新生銀行という中規模クラスの金融機関で、メガバンク系ほど盤石とはいえません。
もっとも財政規模が小さいのがアイフルで、ゆえに過払い金の戻しもしぶる傾向です。

返還率

業者 裁判あり 裁判あり
メガバンク系
アコム・プロミス
100%+過払い金利息 80~90%
レイク ※100%+過払い金利息 80%
アイフル ※100%+空払い金利息 40~60%

※詳しく後述しますが、過払い金請求は原則「勝ち試合」ですので、裁判で完全決着まで求めればどんな業者でも満額回収は可能です。
ただし、そのためには控訴審まで争う必要があり、長期化は避けられません。
現実的に、アイフルなど財政状況が厳しい消費者金融ほど抵抗が激しく、満額回収は難しいものと思ってください。

手続きの期間

業者 裁判あり 裁判あり
メガバンク系
アコム・プロミス
4~6カ月 2~3カ月
レイク 3~5カ月 2カ月
アイフル 8カ月~1年 2カ月

どこが違う? 三者の返還率

メガバンク系(アコム・プロミス)

高い返還率が期待できる、アコム・プロミスなどのメガバンク系。
交渉力のある事務所に頼めば、裁判なしでも8割~9割の回収を見込めます。
裁判ありで交渉すると、「満額回収+過払い利息半額程度」という結果も期待できるでしょう。

運営母体がメガバンクだけに、財政状況も良好
銀行という看板を掲げる以上、過払い金問題で必要以上に債務者と揉めるのは望ましくない、という堅実路線です。
ブランドイメージにキズを付けないで穏便に解決したいというのが、メガバンクサイドにみられる本音。
それゆえに平均返還率もほかの消費者金融より高いのです。

また過払い金利息も、メガバンク系は裁判までいけばある程度支払ってくれます。
ただし利息支払いについては専門家の間でも争いがあるため、全額回収は難しいでしょう。
ちなみに過払い金利息は年利5%。
100万円の元本に対し、年間5万円の利息が付くことになります。
たとえ半額であってもその戻りは小さくありません。

レイク

レイクも銀行グループ傘下のため、資金面は安定。
ただし、メガバンクほど安泰ではないため、交渉ではその点も考慮する必要があるでしょう。
裁判なしでよくて8割、裁判で粘り強く争えば、満額回収も可能です。

以前は、レイクもアコム・プロミス同様、返還交渉に対して柔軟な姿勢がみられました。
風向きが変わったのが2014年、日本GEによる損失補償打ち切りからです。
資金状況の悪化もあり、直接交渉での満額回収も困難となりました。

レイクの特徴として、元本返還は比較的スムーズ、しかし過払い金利息となると支払いを渋る傾向にあります。
基本的に元本も利息も裁判で最後まで争えば全額回収できるものの、長丁場の交渉を覚悟しなければなりません。
スピード解決を望むのであれば、ある程度の線で妥協して折り合いを付ける姿勢が大切です。

アイフル

CMにチワワや有名女優などを起用、巧みなイメージ戦略でお茶の間にその名を浸透させてきたアイフル。
親しみやすい印象とは裏腹に、過払い金返還交渉は一筋縄ではいきません。
交渉相手としては、前者ふたつと比べもっとも手ごわい存在です。

直接交渉では、おそらく5割の返還も難しいでしょう。
アイフルから少しでも譲歩を引き出すには訴訟を起こすしかありませんが、経営が不安定なために裁判官が妥協を促してもなかなか折れてくれません。
アイフル相手の返還は、裁判で争っても5割程度、とみてください。

もちろん、原則にしたがえばアイフルでも満額返還は可能です。
ただし、そのためには1年以上の長期化も受け入れるタフな交渉と、業者の特徴を知り尽くした事務所の選定が欠かせません。
銀行がバックにいるアコムはプロミスと違い、アイフルは失うもののない雑草業者。
そんな相手ほど、したたかで交渉の技も巧みです。
ノウハウに乏しい事務所を選んでしまうと、5割返還も難しいでしょう。

手続き期間もこんなに違う!

メガバンク系(アコム・プロミス)

裁判なしのスピード解決を望む場合、アコム約2カ月、プロミス約3カ月の手続き期間とみてください。
裁判ありのじっくり解決であれば、いずれも4カ月~6カ月程度の期間を必要とします。

<ココがポイント!>

裁判あり・なしを比較しても、1~3カ月程度の違いです。
メガバンク系の場合、裁判に進んだとしても解決は比較的スムーズ。
少し粘るだけで20~30万円多く戻ってくるのであれば、交渉の場を法廷に移したほうが賢明かもしれません。

消費者金融の中でも過払い金の対応がよいメガバンク系は、手続きや裁判にそれほど時間がかかる恐れはありません。
上記の目安より長引くようなことがあれば、それは代理事務所サイドの実務的な問題の可能性があります。
また、多くの案件を抱える大手事務所だと過払い金額の高い案件が優先され、最悪放置されている可能性も。
手続き開始から半年以上たっても音沙汰なければ、進捗を確認するようにしてください。

レイク

裁判なしで2カ月程度、裁判ありで3~5カ月程度の手続き期間です。
メガバンク系消費者金融と比べ、特別時間がかかる印象はありません。

<ココがポイント!>

過払い利息まで争うとなると、裁判も長期化する可能性があります。

アコム・プロミスであれば、過払い金利息も半額程度の回収が期待できますが、レイク相手に同じレベルを期待すると交渉がもつれる恐れも。
その点は財政状況の違いから来るもので、業者の特徴を理解して対応する必要があります。
解決まで長引く恐れがある場合は、代理事務所と相談しながらベストな落としどころを模索してください。

アイフル

アイフル相手になるべく迅速な妥結を望むのであれば、ある程度のラインを決めておく必要があります。
そうでないと、裁判で争ってもいたずらに時間が過ぎて焦りや疲労が増すことになるでしょう。

<ココがポイント!>

上記の表をみれば分かるとおり、裁判になった場合のアイフルの粘りは突出しています。
長引けば長引くほど、依頼者のほうでも心理的に疲れてしまい、結局アイフルの提示する金額を飲まざるをえなくなる、というケースも少なくありません。

「どんなに長引いてもよいから満額回収を希望する」というのであれば、業者に関係なく過払い金は全額回収、との方針を打ち出す法律事務所に依頼するとよいでしょう。
ただし、なるべく争わず円満に解決したいという方は、代理事務所と相談しながらお互いが納得する答えを探っていく戦略性が不可欠です。

過払い金請求にデメリットはあるの?

過払い金請求訴訟にデメリットはありません。
あえていえば、解決までに時間がかかることくらいです。
過払い金について詳しくない方は、裁判と聞くだけで心配になることも多いかもしれません。
基本的に、次のような不安やリスクはないものと思ってください。

裁判所から何か書類が郵送される?

訴訟手続きに関する一切は、代理事務所が請け負います。
郵送窓口も事務所に一元化。
過払い金請求に関する書類はすべて代理事務所に届けられるため、自宅に郵送される恐れはありません。

消費者金融から借金をした過去を家族に知らせていない方も、中にはおられるでしょう。
事務所は依頼者の秘密厳守で対応するので、「裁判になると大事になって家族にバレるのでは?」などの心配は無用です。

裁判所に出廷する必要はある?

訴訟手続きや業者との交渉は、代理事務所が一任します。
出廷して業者と掛け合うのも、弁護士または司法書士の業務範囲です。
裁判において依頼者が何か負担するようなことはほとんどありません。

裁判がはじまっても、本人は結果連絡を待つだけです。
もちろん、会社や家族に連絡が入ることもありません。
過払い金請求訴訟で、生活上の負担などは発生しないものと考えてください。

官報や信用情報に掲載される?

「過払い金請求訴訟を起こせば、官報に記載されるんじゃ?」と思われる方もいます。
しかしその心配も無用。
債務整理や自己破産した人の情報などが記載される官報に、過払い金請求の記録が載ることはありません。
その情報はあくまで裁判所の内部情報として管理されるだけです。
もちろん、これが外部に流出することはありません。

また、金融機関が融資審査に使う信用情報ですが、これも過払い金請求者は対象外です。
この信用情報の登録は、債務整理や延滞・滞納をした債務者が対象。
問題なく完済した債務者であれば、信用情報に登録されることはありません。そのため、カードローンの審査が不利になる、などの懸念も不用。
アコム・プロミスに過払い金請求しても、三菱UFJ銀行・三井住友銀行の住宅ローンや系列のカードローン審査に与える影響はゼロといってよいでしょう。

注意点は?

過払い金請求の手続きそのものにデメリットはありません。
ただし、希望どおりの金額が戻ってくるかどうかは、事務所選びにかかってきます。
交渉の一切を任せる事務所に最低レベルのサービス力が備わっていなければ、失敗する可能性も大です。

ハズレの事務所を引かないためには、「交渉力の有無」と「費用」のバランスをみることが大切です。

交渉力

事務所に依頼するときは、どれくらいの回収が見込めるのか確認しましょう。
メガバンク系であれば裁判で満額回収、裁判なしで8割程度が成功ラインです。
そのラインを満たす回答がえられなければ、交渉力に疑問符が付く事務所とみてよいでしょう。

アイフルについては、交渉力がある事務所でも満額回収は難しいと思ってください。
裁判で完全決着を付ければそれも可能ですが、1~2年はかかります。
いずれにしても、業者の特徴を理解し、それぞれに応じてふさわしい回収額の見込みを提示できる、そしてそれをきちんと説明できる事務所であれば、安心して任せられるでしょう。

費用

事務所によっては、代行料金が非常に不透明で分かりにくいところもあります。
過払い金請求手続きの費用は、診断料・着手金無料で、回収に成功した場合のみ料金が発生する仕組みです。
料金は「基本報酬+成功報酬」で構成されるのが主流。
基本報酬は手続き事務に関するもろもろの手数料を意味します。
成功の対価として支払う成功報酬は裁判なしで20%、裁判ありで25%の額が相場です。

手元に戻ってくる金額は回収額から報酬を差し引いた額となるため、費用が高い事務所ほど戻る金額は低くなってしまいます。
費用の内訳や基本報酬の有無、成功報酬の利率も依頼の時点でしっかり確認してください。

まとめ

過払い金の回収額は、業者との交渉によって決まります。
その業者も、返還に前向きな姿勢を示す優良金融もあれば、一切妥協せずごね得を狙う強者もいて、さまざまです。
業者の特徴を見極めたうえで、ネゴシエートの戦略を探る必要があります。

過払い金請求への対応でみられる、消費者金融別の違いをおさらいしておきましょう。

業者 難易度 傾向
メガバンク系
アコム・プロミス
下級 対応もおだやかで満額回収は難しくない
レイク 中級 満額回収もスムーズだが、利息の請求は困難
アイフル 上級 満額返還をかたくなに拒否。
裁判官仲介の示談でも難しい。
強硬姿勢はとらず、どこかで折り合いを付ける柔軟な対応が大切

交渉は、弁護士もしくは司法書士事務所に一任することになります。
見分けを付ける際は、「要望をきちんと聞く」「どのような交渉スタンスで望むか説明」「回収の見立てを提示」などを判断基準にするとよいでしょう。
交渉力の有無と合わせ、費用の透明性も確認するようにしてください。

調査費用0円まずはあなたの過払い金を確かめて下さい。

相澤法務事務所の優良なサービスを自信をもってお届けします

  • 無料相談・ご予約 [東京・大阪][全国OK] | Web申込 24時間受付中無料相談・ご予約 [東京・大阪][全国OK] | Web申込 24時間受付中

▲ページの先頭へ