ライフカード 過払い金請求ナビ(2017年版)

執筆: 司法書士 相澤 剛 更新

ライフカードというと、以前の株式会社ライフ(いわゆる旧ライフ・プレイカードなど)に関しては現在のアイフルへ移行し、クレジットカード事業として、現在ライフカード株式会社(いわゆる新ライフ)がある。いずれにせよ結果的に消費者金融アイフルグループのため、過払い金請求に対する対応は厳しい。

そのような事情から現状ライフカードに対しては、過払い金の計算金額によってスピード回収か、裁判をしてのじっくり回収かをご提案させていただきます。なお、ライフカードの過払い金返金はキャッシングが対象でありショッピング利用分は対象ではありませんのでご注意ください。

ライフカード過払い金請求 早見表(裁判なし・あり)

【裁判なし】スピード回収コース

【裁判なし】返還割合40%~60% | 回収期間3~6ヶ月

【裁判あり】じっくり回収コース

【裁判あり】返還割合100% +α| 回収期間8~12ヶ月

返還割合とは…

発生した過払い金に対して戻ってくる割合

・回収期間とは…

ご依頼からお金が戻ってくるまでの期間

※「返還率・返還日」は弁護士・司法書士の交渉力によって変わってきます。
事務所選びの際には、「手続き報酬」とならび「返還率・返還日」についても判断材料となさってください。

ライフカード過払い金請求は、関連会社の消費者金融アイフル同様厳しいです。裁判なしでの交渉では過払い金元金の6割程度が限界。これ以上は訴訟による解決となります。訴訟提起後の裁判所対応もすんなりは行かず時間をかけての交渉となります。

しかし時間をかければ少なくとも過払い金元金100%の回収は判決を得ることにより達成できます。ライフカード過払い金については、過払い金計算後、依頼人のご意向を伺い裁判なしでスピード解決とするか、裁判ありでのじっくり回収かをご選択いただきます。

最新!ライフカード過払い金和解対応データ(2017年9月)

ライフカード過払い金2017年最新の和解データを基に、実際の返還金額や平均値また解決するまでの期間を業務の進捗段階ごとに紹介。

 

<履歴取得の期間(2017年9月最新)>

取引履歴開示まで 平均40日 ※ライフカードから調査履歴が開示されます

※ライフカードは最近取引履歴の開示が遅い傾向です。なお、直接自分でライフカードに取引履歴を請求すると弁護士・司法書士が請求する場合より開示が早い傾向にあるようです。少しでも早い手続き希望の方は参考までに。

 

<最新解決実績(2017年9月)>

受任日 和解日 入金日 返還金額
6月2日
(スピード)
7月25日 12月28日 20万9000円

 

過払い金が発生するかどうかを確認したい!
ライフカード過払い金がどの程度発生するか
過払い金発生の目安
ライフカード過払い金の金額を調べる方法
過払い金の計算方法

 

ご相談~過払い金返還までのスケジュール例-ライフカード対応編

(例)2017年9月1日にライフカード過払い金相談を受任した場合をイメージ

ご依頼~調査 裁判なし
(スピード回収)
裁判あり
(じっくり回収)
9月1日 事前調査or来所相談(手続きスタート)
9月30日 ライフカード過払い金「調査完了報告」
「例:元本50万円/利息3万円(年5%)」
争点予想:分断・遅延損害金・過払い利息
10月1日 <回収方法をご選択>
スピード回収:元本6割程度
じっくり回収:元本+利息

交渉~入金 ライフカード
「請求書」発送
ライフカード
「訴訟」提起
10月14日 ライフカードと
「和解成立」
返還額 30万円
入金日 2018年1月31日
「和解内容」を報告(入金待ち)
業者とじっくり交渉中
2018年
1月31日
ライフカードより
「入金確認」
依頼人へ「24万6,000円」振込み
(報酬18%のみ)
8月31日 あっという間にスピード解決 ライフカードと
「和解成立」
返還額 53万円(利息含む)
入金日 9月30日
「和解内容」を報告(入金待ち)
2018年
9月30日
ライフカードより
「入金確認」
依頼人へ「40万8,100円」振込み
(報酬23%のみ・裁判費用含む)

<ライフカード過払い金全額回収を目指す方へ>

2016年よりライフカード過払い金回収方針を変更し裁判交渉もするようになりました。 結果他事務所の情報どおり回収には困難を極め、判決を取得すれば最終的には全額回収となるわけですが、ライフカード担当者・裁判所の裁判官とのやりとりは、何とも後味の悪いものでした。

相澤法務事務所では、サイトタイトルにもありますように「円満解決」がモットーであります。 過払い金請求に限らず、依頼者様(請求側)の代理人としては全額回収したい気持ちはもちろん一緒ですが、何事の争いにも相手方のあることなので、このようなライフカード過払い金の現状を見まして、ライフカードに対しては徹底回収をしない方向になりつつあります。 ライフカードに対し徹底した満額回収希望の依頼者様としましては、はじめから徹底回収を打ち出している弁護士さんへのご相談をご検討頂ければ幸いです。

1.ご相談(手続きスタート)

2017年9月1日に相澤法務事務所へライフカード過払い金請求を依頼。
即日ライフカードへ受任通知(依頼を受けた旨の通知)を発送後ライフカード過払い金の調査開始。

調査通知:ライフカードへまずは過払い金を調査したい旨の通知(事前調査希望の方)
受任通知:ライフカードへ正式に手続きを受任した旨の通知

→以後はお任せで、依頼人は報告を待っているだけです。

2.調査完了(取引履歴開示・計算)

約40日でライフカードより取引履歴(ライフカード取引内容が一覧になった書類)が開示。
約1週間で計算の結果「元本50万円(ほか利息3万円)」ライフカード過払い金発生を報告。
→速やかに調査結果を報告します。

3.返還交渉(裁判なし・あり)

スピード回収の場合は、請求書発送から2週間程度でライフカードと和解成立。

4.入金(過払い金の清算)

ライフカード過払い金は、まず当事務所に返還されます。
成功報酬を引いた差額を依頼人指定の銀行口座に振込にて返金。

※原則即日に返金処理。遅くても3営業日以内を目安に返金します。
※数社のご依頼がある場合には、戻ってきた業者ごとに順次返金します。

5.完了(書類の返却)

最後に「業務報告書」「ライフカード取引履歴原本」「ライフカード和解書原本」「報酬の領収書」など完了書類一式を郵送またはご来所にて返却し無事手続き完了。

ライフカード過払い金請求の体験談を知りたい!
戻りが50万も変わるって本当!?
過バライ金請求のデメリットとは?
50万損した体験談を検証

ライフカード過払い金 手数料について

手数料が高い事務所に注意!

過払い金を請求する際の手数料は事務所によって大きく異なります。
費用が高ければ当然手元に戻ってくる過払い金は減りますし、費用が安ければ手元に戻ってくる過払い金は増えます。
また大手法律事務所の費用は高額に設定されていますのでご注意ください。

【関連】過払い金請求 手数料比較 弁護士・司法書士どっちが安い?

  • 【裁判なし】スピード回収コース 成功報酬18%
  • 【裁判あり】じっくり回収コース 成功報酬23%(裁判費用を含む
    その他追加料金は一切なし。成功報酬のため過払い金が回収できなければ0円です。

相澤法務事務所は「着手金なし」「成功報酬のみ」というシンプルな料金体系です。万が一過払い金が戻らなかったケースでは費用は0円ですので安心してお任せください。

(例)ライフカード過払い金返金の比較(裁判なし・あり)

裁判なし 裁判あり
過払い金 40万円 80万円
過払い報酬
(税抜)
7万2,000円
(18%)
18万4,000円
(23%・裁判費用込み)
依頼者へ返金 32万8,000円 61万6,000円

※消費税については、過払い金清算時に適用される消費税率が適用されます。
※その他追加料金は一切なし。成功報酬のため過払い金が回収できなければ0円です。

【関連】過払い金請求 手数料比較 弁護士・司法書士どっちが安い?

ライフカード過払い金と会社更生法手続きについて

ライフカードは2000年5月に会社更生法という手続きをしています。会社更生法というと、最近の過払い業界では武富士が有名ですが、ライフカードはだいぶ以前に会社更生をしていたことになります。

武富士に関して発生した過払い金については、現在返還請求できなくなりましたが、ライフカード過払い金請求の争点として、会社更生法以前の過払い金を返金すべきか否かと争いがありましたが、現在は請求できない方向となっています。

しかし、2000年の会社更生法以降に発生している過払い金に関しては、問題なく返金対象でありますので、会社更生法を申請しているからと言って武富士同様過払い金が返金されないものと思っていた方は、まずはご相談ください。

ライフカード取引履歴とキャッシング計算の注意点

ライフカードから取引履歴を取得することにより過払い金を計算することができます。取引履歴の取得と過払い金の計算は個人でも簡単に出来ます。なお、計算する際にキャッシング取引とショッピング取引を区別するようにご注意ください。

ライフカード過払い金が発生する対象はキャッシング部分であり、ショッピング利用分に関しては過払い金の返金対象ではありません。


■本人による開示請求(ご依頼前に契約内容を確認したい方)

弁護士や司法書士に依頼する前に、個人で取引履歴を取り寄せることも可能です。
直接ライフカードに電話で、契約当初からすべての「取引履歴」が欲しいと言えば、開示してくれます。

※上記は、相澤法務事務所がライフカードに対し「個人が開示請求した場合の流れ」を確認したものです。
詳しくはライフカードへお問い合わせください。

取引履歴の取得方法自分で過払い金を調べたい方はコチラ

ライフカード過払い金請求と信用情報(ブラックリスト)への影響

  完済しての手続き 返済中での手続き
引き直し計算後過払い
(借金0になる)
引き直し計算後残あり
(借金が残る)
影響あり    
影響なし
※カード解約の有無に
かかわらず
 

※上記はあくまでも他業者の運用や、各信用情報機関の情報を参考に作成した参考情報です。信用情報登録については、相澤法務事務所が内容を保証するものではないので、詳しくはライフカード又は各信用情報機関へお問い合わせください。

過払い金請求の注意点(デメリット)-ライフカード対応編

  1. 過払い金返還請求・任意整理をすることにより、ライフカードが利用できなくなります。
  2. ライフカードのショッピング利用がある場合は、その残高と過払い金とが相殺されます。
    ※なお、ショッピング利用分は法定内貸し付けのため、過払い金は発生いたしません。
  3. アオヤマカードなどで、ポイントを持っている方は、過払い金請求をするとポイントが失効してしまうので注意!
過払い金請求リスクをプロが徹底検証!【デメリット30】

ライフカード株式会社の沿革(参考資料)

商号 ライフカード株式会社
ブランド アオヤマカード、ライフカード
関連 アイフル株式会社

ライフカード過払い金請求ナビ(2017年版)に対応中!

ライフカード過払い金請求ナビは現在2017年版に順次ページを更新中です。
これからも最新情報を更新し続けていきますので、ご依頼の際の参考にしてください。

調査費用0円まずはあなたの過払い金を確かめて下さい。

相澤法務事務所の優良なサービスを自信をもってお届けします

  • 無料相談・ご予約 [東京・大阪][全国OK] | Web申込 24時間受付中無料相談・ご予約 [東京・大阪][全国OK] | Web申込 24時間受付中

▲ページの先頭へ