WEB診断
メニューボタン メニューボタン

特別対応期間中の手続き流れ ※令和3年4月22日追記

執筆:司法書士 相澤 剛 更新

接触リスクなしの仕組み構築

今回の騒動を振り返って(途中経過) ※令和3年1月4日追記

  • 相澤法務事務所の対応は迅速だった(手前味噌ですが)
  • WEB面談は依頼者も事務所もメリットが多い
  • LINE診断導入により依頼への利便性が高まった
  • 政府の様々な対策により業者倒産リスクは軽減

今回の騒動の影響により、物凄いスピードで「世の中の仕組みが変化」しています。
今後しばらくは、人と人との「接触リスクを軽減する仕組み」の構築を、多くのお店や企業に求められることが予想されます。

当事務所は、法律業界の中では比較的早い段階(令和2年2月27日)からテレワークを開始。
代表相澤は、WEB会社も経営している経験を活かし、緊急事態宣言中に事務所職員「半分を在宅」とする仕組みづくりを優先、現在業務の遅滞もなく「再構築が完了」しています。

下記では、既存のご依頼者様に向けて「最新情報」を公開することはもちろん、今後世界経済が悪化した場合に予想される各業者の「対応悪化」や、依頼先の法律事務所が「経営悪化」した場合の依頼リスクなどを徹底検証。

こういう危機的時代では、様々な不安により「冷静な判断」ができないこともあります。
当サイト過払い金請求ナビは、相澤法務事務所が開業した2009年より運用開始し、常に依頼者目線での最新情報を更新し続け、2022年10月で14年目となります。

すでに当事務所で手続き中のご依頼者様、また将来手続きを検討されている方への「有益情報」となって頂ければ幸いです。

司法書士法人 相澤法務事務所
代表司法書士 相澤 剛

相澤法務事務所の特別対応(抜粋)

令和2年2月27日

政府全国に休校要請を発表
ただ事ではないと判断し下記対応を即日決定。
・27日以降の新規面談予約ストップ
・27日以降の既存面談予約延期のお願い
・営業時間を短縮(10時~12時・13時~15時)
※約20人予約分の延期、時間変更に協力頂いた

3月18日

休校延長などを発表
・上記特別対応を延長。
・3月23日~4月7日まで一部面談再開(1日4枠限定)

4月7日
緊急事態宣言を発表
・上記特別対応を延長。
・先延ばし面談対応を開始(電話面談+郵送契約で仮受任)
5月25日
緊急事態宣言を解除
・短縮営業を継続(10時~12時・13時~16時)
6月15日
司法書士会発表の新面談方式を導入開始
・WEB面談導入(来所なしで受任可能)
令和3年1月7日
緊急事態宣言を再発令
・来所、出張面談を休止→先延ばし面談で対応
・WEB面談は感染リスクないので継続
3月21日
緊急事態宣言を解除
・時短営業を継続(10時~12時・13時~16時)
・WEB面談・短縮面談を継続
4月23日
緊急事態宣言を再発令
・来所、出張面談を休止→先延ばし面談で対応
・WEB面談は感染リスクないので継続
10月1日
緊急事態宣言を解除
・時短営業を継続(10時~12時・13時~16時)
・WEB面談・短縮面談を継続

現在に至る

既存ご依頼者様への最新情報

最新情報を更新

下記コンテンツについて ※令和3年1月4日追記

  • 令和2年4月27日に公開
  • 過去の事務所対応として公開を継続
  • 現在各業者、裁判所対応落ち着いてきた

令和2年4月に入ったあたりから、今回の騒動に関連した確認が何件か寄せられるようになったため、当コンテンツを4月27日に公開しました。また併せて緊急事態宣言による裁判所休止などもあり、都度既存ご依頼者様には、必要に応じて進捗の連絡をしています。

日本経済の状況も日々変化し業者対応に若干変化が生じてきましたが、当事務所では都度柔軟に対応してきたため、大きな混乱もなく状況に応じて順調に対応できています。
今後も大きな動きがありましたら最新情報をこちらに更新(更新日付を公開)させて頂きますので参考にしてください。

なおタイミングを見て順次、面談時に選択された連絡方法(LINEor代表番号03‐5914‐1351)にて、テレワーク化による連絡方法変更のご案内をお願いする場合があります。
ご協力のほどよろしくお願いします。

追加携帯番号

事務所携帯①(070‐××××‐4621

事務所携帯②(090‐××××‐4622

事務所携帯③(090‐××××‐4623

事務所携帯④(090‐××××‐4624

事務所携帯⑤(070‐××××‐7950)

当日の折返しは通知された番号へお願いします。

翌日以降の折返しは代表番号へお願いします。

【重要】裁判交渉を選択された方

政府による緊急事態宣言中は、裁判所の対応がストップしました。
具体的には、緊急性を要する事件以外はすべて休止(延期扱い)となり、宣言解除後に順次再調整が行われる流れとなりました。

裁判所公式HPより、緊急事態宣言後の対応が公開されました。
公開された内容から推測される今後の対応を予想します。

令和2年6月1日以降の裁判所対応について
  • 緊急事態宣言によって「延期された事件」の期日再調整が開始
  • 緊急事態宣言中に「新規で訴訟提起された事件」の期日調整  ※休止中も新規訴訟提起は受理され、通常期と同じ運用で受付番号は付されていた。
  • 約2ヶ月ストップした影響により再開時は混乱が起こるかも
  • 感染リスク軽減による裁判所人員の削減や傍聴人数の制限

以上により、通常期より大幅な遅延(裁判の長期化)が予想される。

なお、既存ご依頼者様で「裁判交渉を選択された方」は、令和2年4月中に全件確認しました(回収方針を変更された方も多数)。
念のため1をご選択されたご依頼者様に関しましては、順次今後の見通しの報告をさせていただく予定です。

既存ご依頼者様へ

回収方針変更の連絡 ※令和2年4月中に全件対応済み
面談時にご案内した過払い金回収の目安期日が大幅に遅れることが予想。
現在裁判中のご依頼者様に関しましては、GW前までに優先して連絡。

・事務所対応としましては、下記2つよりご選択いただきました。
1 とりあえず裁判の手続きを続行し様子を見る
2 裁判を取下げ、任意交渉に切り替える

なお、2を選択された場合には、裁判交渉の成功報酬23%(税込 25.3%)ではなく任意交渉の成功報酬18%(税込 19.8%)で対応させて頂き、裁判費用は事務所負担とさせて頂きます。

裁判せず任意交渉で連絡待ちの方

任意交渉(裁判せず請求書発送し業者と交渉)に関しましては、1ヶ月以内での遅延が発生しつつあります。
しかし順次和解は出来ています。
※業者側も一部人員がテレワークになり事務処理が追い付いていない模様です。

他事務所の状況

和解提案がストップしている事務所もある?
他事務所さんの一部(特に件数が多い事務所?)で、理由は分かりませんが4月から和解提案がストップしている業者が一部あるとの情報(1ヶ月以上ストップ)が入ってきています。
裁判所機能もストップしている現在、今後の業者対応に注意が必要です。

当事務所で現在業務の遅延はありません

順調であれば面談時ご案内した目安期間にご報告差し上げます。
なお、遅延が発生している業者もあるため目安期間+1ヶ月ほどお待ちいただければ幸いです。

和解済みで入金待ちの方

今回の騒動で「予定どおり過払い金が返還されますか?」という問い合わせを数件頂いています。
現状では予定どおり返金されていますのでご安心下さい。
万が一入金日に変化が発生した場合などは、すぐに状況を報告させていただきます。

順調であればご案内した「入金予定日より1週間以内をめど」にご指定された銀行口座に返金(複数依頼は入金された業者ごとに返金)します。
返金後、完了書類の受け渡し案内のご連絡を差し上げます。

調査結果待ちの方

取引履歴の開示期間が通常期より遅延している業者が発生しています。
今後業者側もテレワークなどによる人員削減により遅延は生じる可能性はあります。

当事務所で現在業務の遅延はありませんので、順調であれば面談時ご案内した目安期間にご報告差し上げます。
なお、遅延が発生している業者もあるため目安期間+1ヶ月ほどお待ちいただければ幸いです。

主要業者の履歴取得の期間 最新まとめ(令和5年1月27日更新)

履歴取得の期間
アコム

12日~15日

プロミス

16日~20日

レイク

10日~27日

アイフル

36日~41日

エポス

18日~32日

セゾン

25日~35日

オリコ

14日~26日

セディナ

35日~53日

ニコス

27日~34日

【重要】先延ばし面談で受任した方

緊急事態宣言中に「先延ばし面談」で手続きされている方は、過払い金が返金されるまでに面談をさせていただきます。

緊急事態宣言が解除されましたら、下記で紹介している2つの新面談方法「1.来所面談or出張面談」「2.WEB面談&郵送契約(本人限定受取郵便)」を再開する流れとなります。
過払い金が返金されるまでに、ご都合の良いタイミングにて下記面談方法をご選択ください。
※なお、緊急事態宣言解除以降に順次個別にご案内させていただきます。

当事務所にて将来ご依頼をご検討中の方

接触リスクなしで手続き可能

感染リスクなしで手続き可能 ※令和3年1月4日追記

  • WEB面談導入により、来所なしでの手続きも可能
  • LINE診断導入により、さらに依頼の利便性が高まった
  • 現在下記流れは完成しスムーズに対応中

相澤法務事務所でご依頼のご検討ありがとうございます。
大手事務所さんとは違い少数精鋭の職員にて業務(一部テレワークも導入済み)を行っているため、誠にお手数ですが下記連絡方法へのご協力をお願いします。

【重要】特別対応によるご依頼の流れ

1無料診断
お問合せ
3つの診断方法

「LINE診断・予約診断・電話診断」よりお問い合わせください。 ※テレワーク対応により「事務所携帯電話(事前にご案内した番号)」からお電話するケースもありますのでご協力お願いします。

2無料調査
ご依頼
調査にて過払い金が発生する可能性ありの場合

正式に無料調査をする場合は申込書一式発送。 返送が確認出来たら調査スタート。 ※なお「周囲に秘密」で手続きしたい方は「郵便局留め」での郵送対応可。

関連過払い金は内緒で回収?秘密裏コース(2022リザンプション)

3調査結果
報告
手続きを進めたい場合

結果を聞いて正式に手続きを進めたい場合は、下記面談方法を選択。

1 来所面談or出張面談

2 WEB面談&郵送契約(本人限定受取郵便)

※2は来所なしで受任します

4面談の予約
(完全予約制)
面談の日時を予約

面談は1・2共に完全予約制。上記面談方法を選択し日時を予約。

5-1来所・出張
事前郵送(電話で説明)+来所面談or出張面談
来所面談or出張面談の流れ

来所・出張面談日前に必要書類を郵送、その後電話で内容を事前確認。
その後、司法書士と面談(本人確認がメインのため10分以内を想定)し正式受任。

5-2WEB面談
WEB面談+郵送契約(本人限定受取郵便)
WEB面談の流れ

WEB面談日前に必要書類を郵送(本人限定受取郵便を使用)。
その後、WEB面談で内容を確認。書類の返送をもって正式受任。

6進捗連絡
順次進捗はLINEor携帯電話で報告。
7交渉の結果
過払い金額と入金日確定
対応内容

交渉の結果、過払い金の返還金額と入金予定日が確定。

8返金
過払い金返金後、完了書類を返却して手続き完了。

【重要】特別面談基準と感染防止対策 ※令和2年6月15日開始

経営者の本質が問われる

WEB面談について ※令和3年1月4日追記

  • 導入より約半年で300人以上利用
  • ざっくりLINE9:ZOOM1の利用割合
  • 導入当初からスムーズに対応できている
  • 遠方(地方)からの相談者が増加した

過払い金請求・債務整理業務を受任するには原則「司法書士との面談」が必要です。

ただし特段の事情があるケースは例外(面談しなくてもよい)とされていますが、今回の騒動は例外に当たるのかが不明でした。
そこで当事務所は、緊急事態宣言の発表に伴い個別に司法書士会へ確認、事態収束後に面談するとし仮受任する対応(※先延ばし面談)をしていました。
※令和2年4月10日~5月30日まで

そしてこの度、司法書士会より面談に関する指針が公開(令和2年5月1日付け)されました。
クリックするとPDF閲覧できますが、ざっくり解釈すると下記(抜粋)となります。

司法書士会より面談に関する指針
  • 今回の騒動は「面談をしなくてよい」ケースに該当する
  • ただし、しっかり感染対策をした上で「面談を試みる」ことは必要
  • 面談省略の場合は「WEB面談+本人限定受取郵便」で厳格に
  • 当たり前のように面談省略ではなく「最善の方法を検討」すること

上記を踏まえ、過去すべての依頼者としっかり直接面談(面談なしで受任は0件)してきた相澤法務事務所ですが、今回の状況を鑑み下記2つの面談方法をご選択(令和2年6月15日開始)いただく流れとしました。

1 来所面談or出張面談(※10分以内を想定)

事前にできる限り段取りを行い、面談時間を短縮して受任します。

1事前に必要書類を郵送し電話で詳細説明

2問題なければ必要書類に署名捺印し返送

3面談は本人確認と最終意思確認がメイン

※面談ブースは、工事にてアクリル板を設置するなど対策は万全です。
※内緒で手続きしたい方は「郵便局留め」で対応します。

関連郵便局留について(郵便局のHPへリンクしています)

アクリル面談ブース(東京本店)
通常面談ブース
通常面談ブース
アクリル工事風景
アクリル工事風景
アクリル面談ブース
アクリル面談ブース
アクリル面談ブース(大阪支店)
通常面談ブース
通常面談ブース
アクリル工事風景
アクリル工事風景
アクリル面談ブース
アクリル面談ブース

2 WEB面談&郵送契約(本人限定受取郵便)

感染リスクが心配な方は、厳格な本人確認を行い面談なしで受任します。

1事前に必要書類を郵送(本人限定受取郵便)

2必要書類を手元に置きWEB面談

3必要書類に署名捺印し返送で正式受任

※本人限定受取郵便とは、本人のみ受取れる仕組みの郵便です。
※WEB面談はLINE中心・その他Zoomなどで対応しています。

関連本人限定受取郵便について(郵便局のHPへリンクしています)

【重要】WEB面談受任の流れ ※令和2年6月15日開始

WEB面談
1事前郵便物
事前に郵便物を受け取り
本人限定受取郵便

クレジットカード受取など、本人確認を目的としたケースに使用される郵便です。 開封しなければ送付元が分からないようになっていますが、内緒で手続きされたい方はご注意ください。

本人限定受取郵便 本人限定受取郵便中身(画像)
2準備・予約
事前に電話やLINEにて、WEB面談日時を調整します。
LINEでWEB面談の場合

郵送書類に「QRコード・ID」を同封してあるので、そちらから登録してください。

ZOOMでWEB面談の場合

下記ZOOM面談の流れを参照。

3WEB面談
予約日時に実施。
うまく繋がらない場合

電波状況や操作方法でうまく繋がらない場合(特にZOOMの場合)などは、携帯電話で話ながらなど柔軟に対応しますのでご安心ください。

ZOOM面談ご希望の場合

Zoomアプリは無料です。またZoomはアカウントを作成するなどがないので簡単です。

Google Play で手に入れよう

繋がる(面談開始)

Zoomは、WEB上のミーティングルームに参加(待機室みたいなイメージ)し、その後許可されると繋がる仕組み(入室するイメージ)です。

相澤法務事務所側では、ご予約時間の5分前から参加できる状態としておきますので、予約時間までに下記ボタンよりご参加ください。予約時間になりましたらミーティング参加の許可を行います。 (※定刻まで参加がない場合、上手くつながらないケースなどは携帯電話に確認の連絡をします)

※事前にお送りした必要書類をお手元にご用意ください。

※ご依頼者様以外の方、誤って参加された方は断りなく削除させていただきますのであらかじめご了承ください。 ※通信料はご依頼者様のご負担となりますのであらかじめご確認下さい。

WEB面談東京 WEB面談大阪

日本経済悪化による過払い金請求業界へのマイナス影響

最新情報を更新

各業者対応について ※令和3年1月4日追記

  • 政府の様々な対策により下記リスクは軽減
  • しかし将来は想定外なので早目の手続きを推奨
  • 事務所によって費用値上げなどが目立ってきた

当事務所では2010年の武富士破たんを経験し、その後もリアルタイムで各業者対応の変化と向き合い、最新情報をHPで更新し続けています。

下記では最悪のケースを想定したシュミレーションのため厳しい内容となっております。
平常時は煽ることを好まない相澤ですが、今回は直感で武富士破たん当時と比較にならないほど厳しい状況と予想します。

通常期であれば特に時効(完済日から10年以内が過払い請求のタイムリミット)が迫っていなければ焦らないで大丈夫ですよと説明していますが、現在過払い金請求を検討している方は、早急にご依頼を検討することをおすすめします。

主要なクレジット・信販会社

過払い金が激減!?戻って来ないケース

今回の騒動が悪化すると、過払い金が発生する各業者の経営難が予想されます。
具体的には過払い金返還に対する業者対応が渋くなり「請求に対する回答の遅延」「返還割合の大幅減」「入金日の先延ばし」などが考えれます。

過払い金請求・対応悪化のシュミレーション

延滞が続出

カードローン・クレジットカード利用者に延滞が続出

請求者が増加
併せて減少傾向だった過払い金の請求者が増加
売上げ激減
信販業者の本業「デパート」「車ローン」など売上げ激減
・先延ばし面談対応を開始(電話面談+郵送契約で仮受任)
不良債権が発生
債務整理や自己破産が増加し不良債権が発生

過払い金返金どころではない(余裕がない)

通常期であれば、裁判をして強気に交渉することにより比較的容易に満額回収は可能でした。
しかし今回の騒動が長引くと裁判の長期化が予想(緊急事態宣言により裁判所自体がストップ)され、その間に業者が倒産に陥る可能性も0ではなくなってきました。

2010年武富士破たん前に起こっていた予兆

2010年10月31日午前10時に武富士会社更生法申請。
結果、その後の武富士過払い金は「交渉中の方」はもちろん「和解済みで入金待ち」の方も含めて、一律過払い金請求が白紙となりました。

具体的には2010年に大手消費者金融であった武富士が会社更生法(実質倒産)手続きに入った際には、以後武富士の過払い金は裁判所の決定により一律4%程度の返還(過払い金が100万円発生していても4万円しか戻らない)となりました。

相澤法務事務所が2009年開業した1年後の出来事で、今でもその衝撃や混乱は記憶に覚えています。 その際の記憶を辿ると下記現象が起きていました。

武富士破たん前に起こっていた予兆

他業者に比べ過払い金の返還に消極的な対応だった

過払い請求しても返答が遅いなどバタバタだった

1ヶ月ほど前から過払い金の入金が遅れだした

今では考えられませんが、過払い金返還を合意した入金予定日になっても過払い金が返金されず、武富士に問い合わせると、順番に対応しているのでお待ちください・・みたいな回答。 1ヶ月ほど前から業界では倒産が噂され出していました。

最近は平穏だった過払い金請求業界ですが、武富士ショックの当時を振り返るとアコム・プロミス・アイフルなども倒産するのではないかという雰囲気が業界の常識でした。

武富士ショック後、今回の騒動に至るまで、アイフルは「大手銀行がバックにいない」ため財務面の心配から常に過払い金発生額の5割程度返還が続いてきました。
逆にアコム・プロミスなどは大手銀行グループの安心感から、比較的容易に満額に近い過払い金が返還されている状況が続いていました。

今回の騒動で、銀行本体への経営難も予想されるため対応が悪化することは容易に想像できます。

依頼先の法律事務所が経営悪化?どうなる?

各業者の経営悪化リスクはもちろんですが、それは請求する側の法律事務所も同様です。
具体的には我々弁護士・司法書士も一般企業と変わらず倒産することも十分考えられます。

依頼先の事務所が万が一倒産した場合でも、依頼者様の過払い金がなくなるわけではなく、新たな依頼先に手続きを依頼しなおす(裁判中の手続きを引き継ぐことなども可能)又は自分で交渉する流れとなります。

なお、一度依頼した事務所をキャンセルし依頼先を変更するケースでは、いくつか注意点があります。 また、各業者は1つの事務所としか交渉できないので、依頼先の事務所が正式に辞任手続きをしない限り、2つの事務所が同時に交渉することは原則できません。

依頼先を変更する流れ

1依頼先の事務所との契約を正式に解除する

2各業者へキャンセル通知(辞任届)がされる

3新しい事務所で1から契約しなおす

無料調査後の依頼先変更は比較的容易(無料調査なのでキャンセル料なしが多い)ですが、実際に交渉に入っている後の変更(対応が遅い・手続き放置など)はややこしいケースが多いです。交渉中ではキャンセル料などもかかるケースがあるのでご注意ください。

くれぐれも事務所選択は慎重にご判断ください。

相澤法務事務所3つの強み

最高のサービスへ

手前味噌で恐縮ですが、相澤法務事務所の強みを紹介させて頂きます。

また併せて以前より注意喚起させて頂いている、ビジネス優先の大手事務所様へのご依頼デメリット(すべての大手様が悪いわけではないので念のため)を、こういうご時世のため依頼者様の貴重な過払い金が少しでも多く戻ってくるよう強めに説明します。

おそらく今後は法律業界に限らず手広く経営していた企業は苦戦が予想されます。
そんな状況で比較させて頂くのはフェアではないかなと悩みましたが、依頼者ファーストを優先する当サイトとしては参考情報(あくまで予想)として公開させて頂きます。

無借金!財務面が安定の組織

相澤法務事務所は2023年 現在、無借金にて事務所を経営しています。

今回の騒動で多くの企業が急激な売り上げ減による資金繰りが心配されていますが、当事務所は今のところ経営面、財務面は安定しています。

広告0!自社完結ネット戦略

相澤法務事務所は2023年 現在、広告費0円を実現しています。

開業から数年はラジオCMやチラシ、電車広告など広告費は膨大な金額となり事務所経営にかなり影響(事務所借金も多額であった)している時期もありました。
2014年から自社でHP運営を行い、現在広告費0円で多くのご依頼を頂ける状況になりました。

即対応!少数精鋭のサービス

相澤法務事務所は2023年 現在、少数精鋭でのチーム体制を実現しています。

開業から7年間は、個人事務所として司法書士は相澤1人体制で依頼者様の面談を含め、HPの原稿作成などすべてを対応している状況でした。
2016年の事務所法人化より現在は司法書士4人体制となり、少数精鋭での安定した組織へとなりました。

相澤法務事務所vsビジネス優先の大手を比較

状況の比較
相澤法務事務所ビジネス優先の大手
テレワーク対応

全員在宅化も可能

慣れるまで大変かも

事務処理体制

スムーズかつ進化

ちょっと混乱かも

事務所家賃

郊外なので安い

都心部は高額かも

人件費

少数精鋭で軽微

多人数だと大変かも

広告宣伝費

SEO対策で0円

広告継続するか難題

依頼数

大きな影響なし

広告減だと激減かも

今回の緊急事態宣言の影響もあり長い自粛期間にいろいろと物事を考える日々です。
これからの時代、不況になり金銭的余裕がない状況では「贅沢」「欲求」が削られる流れとなり、お金を使う際にはより「優先順位が明確」になってくると予想します。

つまり、あらゆる業種で「本当に必要とされている」サービスなのかが問われます。
そして、必要とされている中でさらに「本物のサービス」が提供できる企業が生き残ることは容易に想像がつくことでしょう。

わたくし相澤がここ数年口癖にしていた「目先の利益より長い目」で見る。
改めてこれからも開業当初の初心を忘れず「依頼者ファースト」をキャッチコピーに、時代に沿ったサービスを提供させて頂く所存です。

「感染防止対策」に関する体験談

【安心】「最初から好印象」「説明怠らず」「誰が対応しても親切」

コロナ禍過払い請求でも安心できたポイントは?
手続きの流れが変わった時も説明
体験談全文はこちら

最初の電話のやりとりが好印象で、これなら今後の質問もしやすいと思いました。実際に進捗状況を報告して頂けるし、コロナの影響で手続きの流れが変わった時も説明がきちんとされました。また、お電話の担当者が基本的に変わらないのも安心しましたし、変わったとしてもどのお方も親切に対応してもらえました。

【決め手】WEB面談だけじゃない!過払い金請求をお願いしたい理由

相澤法務を選ぶ決め手となった理由は?
取り戻し金額が他社と比べて多かった事が最終的な決め手
体験談全文はこちら

お電話での対応が丁寧で、やりとりも迅速だったので信用できました。取り戻し金額が他社と比べて多かった事が最終的な決め手となりました。最終的な手続きには面談が必要とのことでしたが、コロナで出向かなくてもよい方法(WEB面談)でやりとりをして頂けたことは、たいへんありがたかったです。対応してくださったすべての先生に感謝いたします。

【不都合なし】過払い金請求でブラックリストに載る心配なし

来所での過払い面談が難しい場合、これがあります
オンラインでの面談やラインでの相談にも対応
体験談全文はこちら

過払い金を請求するというのは、決して恥ずかしいことではありません。まずは、相談してはどうでしょうか。現在のこのコロナ禍で、直接の面談という形式ではなく、オンラインでの面談やラインでの相談にも対応してくださいます。ブラックリストに載る心配や、カードの使用が一切できなくなるといった不都合もないようなので、とにかく一歩前進してみるのがおすすめです。

【非接触】数ある事務所の中でも費用が安い!コロナ対策もバッチリ

コロナ感染が心配でもこれがあると安心
感染対策もあり、非接触でラインアプリや電話を活用
体験談全文はこちら

数ある法務事務所や司法書士事務所の中から貴社に依頼した一番の理由は「費用の安さ」です。相談料も一切かからず、安心して相談できると思いました。また、全国対応もしていますし、コロナ禍での感染対策もあり、非接触でラインアプリや電話を活用している点も良いと思いました。

【驚き】予想に反することばかりでびっくりした過払い金体験談

「コロナだし過払い回収遅くなって当たり前」は本当?
思いのほかこんなにも早く和解提案があり
体験談全文はこちら

ネットで口コミ評価がとてもよかった相澤法務へ相談依頼をしました。調査からはじまり、和解の提案まで、約2か月でした。コロナの影響で、裁判がスムーズにいかない場合もある、との事前説明も受けました。思いのほかこんなにも早く和解提案があり、手元にお金が戻ってくるとも思わなかったので、びっくりしています。

全国対応!調査費用は0円

  • 安心でシンプルな費用
  • 円満な交渉力とスピード解決
  • 安全な短縮面談とWEB面談