WEB診断
メニューボタン メニューボタン

大手は費用が高い!だけじゃない…過バライ金の手続きで失敗するリスク

執筆:司法書士 相澤 剛 更新

大手は費用が高いだけじゃない…手続きで失敗するリスク
手続きで失敗するリスク

事務所によって過払い金の「計算結果」が違うってホント?!

アルバイトによる適当な無料診断?!

面談に弁護士がいない!?

CMで大量受任で事務処理の放置ってホント?!

裁判せずにいい値で和解なんてあるの?

売上をカバーするために報酬の値上げ!!

事務所によって手数料が異なるの?!

大手はCMや人件費などで費用は高くなる!
でもしっかりしたサービスは提供してくれるでしょ!
っていうイメージありますよね。でもそのイメージは本当にあっているのでしょうか?
費用以外の手続きで失敗するリスクについて見ていこう!

80万ごまかして報告?過払い金計算方法のリスク!

大量処理で利益優先!?

過払い金の無料計算を前面に宣伝している事務所が増えてきた。
依頼者目線で見れば、いきなり相談より、まずは過払い金があるか調べてほしいと思うのは当然。

過払い金の無料計算サービスとは、各業者から取り寄せた「取引履歴」をもとに「引き直し計算」によって過払い金を算出するサービス。

しかし、事務所によって過払い金の「計算方法」が異なるなどリスクも多い。

事務所によって「計算結果」が異なるリスク

調査業者 アコム
取引期間 2000年~2015年
※完済から8年経過(2023年現在)

計算結果
A事務所B事務所C事務所
計算方法

130万
(元本100万+利息30万)

100万
(元本100万)

50万
(回収見込みを報告している?)

過払いワード解説

元本とは?
引き直し計算で算出した「純粋な過払い金」部分

利息とは?
元本100万部分に「年5%の利息」を付した部分

驚くなかれ!
同じ取引なのに、事務所によって「計算結果」が異なる

事務所によって「調査報告」が異なるリスク

そして異なる計算方法によって算出された過払い金の依頼人への報告は・・

調査報告
元本100万利息30万
A事務所の報告

B事務所の報告

×

C事務所の報告

×

×

リスクのポイント

同じ取引でもリスクあり!
B事務所:過払い「利息を報告していない」点
C事務所:そもそも「計算結果を報告していない」点

驚くなかれ!
同じ取引なのに、事務所によって「調査報告」が異なる

なんでこんな違いがあるのか疑問に思われるだろう。

恐らくB・C事務所は「より多くの過払い金を回収」することよりも「より多くの件数を処理」することを優先(業者側のいい値で和解交渉)している可能性がある。

具体的には「アコム1件で130万全額回収」するより「アコム3件で150万回収(1件50万×3件)」するほうが事務処理で簡単(裁判など交渉する手間が省ける)だから。

無料調査で集客 → 正確な調査結果を報告せず受任。
依頼人の立場からしたらとんでもない裏切り行為である・・

その他計算方法の違い

過払いワード解説

充当元本とは?
過払い利息発生時から過払い元本へ充当する計算方法

取引分断とは?
取引途中の空白期間を一連計算or個別計算とするか

あいきんくんのワンポイント

正確な計算もできずに集客
過払い金計算方法は、きちっと説明しだすと結構複雑!
上記は、大手事務所や経験の浅い事務所に多く見られるので注意してね!

20万過払いがある!過払い金5分無料診断のリスク

電話で無料診断×20万円あります=早く手続きして下さい

通話料無料のフリーダイヤルで「過払い金の5分無料診断」とよく耳にする。
実はこの過払い金の無料診断。とんだリスクがあるのでご注意を!

実際にあった相談事例

他社の電話相談で20万円過払い金があると言われたのですが・・

そうですか・・。実際は調査してみないと何とも言えませんよ!

そうなんですか!?他社からはその後営業の電話が頻繁に来ますが・・

取引内容

(1) 業者    アコム
(2) 取引期間  H21~H25完済
(3) 限度額   50万

残念ですが過払い金0円の可能性があります!

え!?では他社の相談は何だったのですか?

無料診断は電話担当者のレベルによって結果は異なるリスクあり。
ある程度過払い金請求の実務経験があれば、アコムに関して「H19.6.18」以降過払い金の発生しない法定内金利(18%)になっている事実は常識。
(※少なくとも相澤法務事務所では、職員全員がほぼ同じ診断をする)

おそらく電話診断のオペレーターさんは、アルバイトさんや派遣社員さんなので、マニュアルに沿って「4万×5年=20万」とかで診断しているのであろう。

問題はその後の営業リスク。Aさんは手続きを迷っていた間に何度も「早く相談に来てください!」と煽られて逆に不信に思い当事務所に電話相談したとのこと。
(※Aさんは地元板橋区の方でした)

結果Aさんが自分で直接アコムに電話し取引内容と利息を1分ほどで確認できたようで過払い金がないことが判明。本人もスッキリで一件落着!

あいきんくんのワンポイント

大手事務所はとりあえず数こなせばいいと思ってる
相談も適当で、その後営業したり、Aさんが実際依頼しても結局意味ないよね!
アコム1分診断の方がよっぽど正確だったみたいだね(笑)

面談時に弁護士がいない!?事務員任せのリスク

最後の5分だけ弁護士登場

過払い金請求や債務整理をする場合、本人確認が必要。
この本人確認、弁護士・司法書士の直接面談が原則。
まれに「電話だけで依頼できないんですか?」「郵送だけで手続きできないのか?」などあるが原則NG。

電話・郵送だけで手続きするリスク

料金など理解できず、後から追加費用を請求されるリスク

担当窓口が分からず、依頼後手続きが放置されるリスク

弁護士が存在せず、名義貸しで違法業者が絡んでいるリスク

一見、電話・郵送だけの手続きだと簡単で楽である。
しかし、お互い相手が見えないため、上記に掲げるようなリスクは当たり前のように考えられるので危険。

事務員が面談するデメリット・リスク

マニュアル対応で細かな質問に答えられない

段取りが悪く、無駄に時間がかかる

責任の所在が不明確、常に不安が残る

大手でよく聞くことだが、はじめの1時間は事務員が永遠と手続きの流れを説明。
こちらから質問しても大した答えは返ってこない。
依頼するかどうか迷っていると「早く手続きした方がいいですよ!」と営業あるのみ・・

最後に先生が登場すると「一言だけ契約内容に問題ないですか?」と、最終意思確認と形式上の本人確認をして終わりというケースも聞く。
みなさんはこのような対応で満足のいく解決が望めると思いますか??

あいきんくんのワンポイント

会わないのは論外!最後の5分しか先生がいないのもリスクあり!
最初から最後まできっちり責任をもって対応してくれた方がお互い安心だよね!
この点は過払い金回収へのこだわり(交渉力)にも直結してくると思うよ。

手続き中のリスク① 連絡なし!事務処理の放置!

事務処理放置

いわゆる大手法律事務所(弁護士・司法書士)では、テレビCM・ラジオCMで大量に宣伝しフリーダイアルを連呼。そしてたくさんの依頼者を受任。広告規制が解禁されているため大量に宣伝をすること事態は問題ない。

しかし、依頼を受けたからには適切に処理し結果を出さなければいけない。こと過払い金請求業務で言えば、我々は依頼してから適切な期間で、かつデメリット・リスクなく過払い金を回収することが求められている。

過払い金請求の大まかな流れ

1各業者に受任通知発送(スタート)

2取引履歴を取得・引き直し計算

3過払い金の調査完了・依頼者へ調査結果報告

まずは、この3ステップが原則である。消費者金融やクレジットカード会社ごとに取引履歴が開示される期間が早かったり遅かったりはあるが、過払い金調査までキチンと処理できる事務所であれば通常は1カ月程度。

しかし、当事務所に寄せられる相談は、別の大手事務所に相談したら調査まで「最低半年かかります」「早くて3ヶ月です」など明らかに遅いのでリスクあり。最近は依頼者自身でアコム取引履歴を持参して相談にいったが、計算するまで3カ月かかると言われる始末。

無論当事務所では、自社内で計算しているため、1時間程度で即日計算完了するため、外注計算のリスク・デメリットはなく、すぐに手続きに入れるといった具合です。過払い金の調査段階でこの違いですから、その後の業者と交渉や裁判をして満足のいく結果が出せるのか心配・・。

上記のような現実は、例えテレビCMやラジオCMの段階では知る余地もなく、依頼してしまえば「まあこんなもんかな・・」となってしまうのもうなずけます。事務所選択は重要なリスクポイントですので、くれぐれも失敗しないように注意してください。

あいきんくんのワンポイント

大手事務所は手続きが全体的に遅い傾向にある!
また連絡しても中々担当者につないでもらえないこともあるみたい。
過払い金請求は実績があり小回りの利く小規模事務所に頼むのが吉!

手続き中のリスク② 回収率5割が限界?減額のリスク

全部返還されないの?

過払い金はあなたが一生懸命返済してきたお金。
利息を払いすぎた部分を請求するのが過払い金請求。
しかし、多くの業者(特に消費者金融)は計算した過払い金をすんなり全額返してくれないリスクあり。

本人が直接業者と交渉した結果、全額取り戻せないのは分からなくもないが、弁護士・司法書士が請求しても返還されないのが現状。
そのような業者から全額取り戻すには裁判が必須。

しかし、ここで落とし穴!法律の専門家が裁判をせず、依頼者への説明なしに「5割が限界ですなど・・」いい値で和解してしまうケースがあるのが現状。

過払い金の裁判ってリスクないの?

裁判はデメリットやリスクはなし。

・裁判中に会社とかに連絡がきたりしない!
・ブラックリストに載ったりしない!

事務所によって回収できる過払い金が異なるリスク

事務所によって回収できる過払い金が異なるリスク
A事務所B事務所C事務所
アコム

50万

80万

100万

レイク

50万

70万

100万

エポス

30万

40万

50万

過払い金は法律で原則全額返還すべきものとされている。しかし請求する側の立場から見れば全額取り戻したいが、請求される業者側からすれば1円でも減額(値切り)したいのは当たり前。

ここに交渉という概念が発生し、双方金額に折り合いがつかなければ裁判で決着する流れ。
キチンと業務を行っている事務所であれば、交渉した場合の限界値と裁判した場合の回収見込み(メリット・デメリット)はある程度把握できているので安心。

あいきんくんのワンポイント

みんなどこに頼んでも戻ってくる過払い金は同じだと思っていない?
せっかく過払い金請求するならBやC事務所に依頼したいよね。
回収方針は事務所によって異なるので事前に確認が必要だよ!

過払い件数の激減!→しれっと値上げ?のリスク

値上げでカバー?

参照アコム公式HP:利息返還請求件数の推移

まずは過払い金請求の依頼が多い業者であるアコム。 株主向けに公開されている、昨今の過払い金請求件数推移を確認してみよう!

利息返還請求件数の推移より抜粋

なんと!2017年は「約30,000件」だった請求件数が、2022年には「約10,000件」まで減少していることが分かる!つまりこの直近5年で三分の一に!

上記事実(件数減少)によって影響を受けるのは誰か!

影響を受けるのは誰か!

【アコム〇】 過払い金(赤字)が減れば業績は上がる傾向
【依頼者△】 基本影響ないが完済から10年で時効のリスク
【事務所×】 過払い金(報酬)が減れば売上は下がる傾向

アコム

まずはアコムに限らず「業者サイド」の立場では、過払い金請求が「増加」すると会社経営の観点からは「不安材料」となるが、過払い金請求が「減少」するということは「好材料」と言ったところだろう(アコム株主としても好材料)

依頼者

次に「依頼者サイド」の立場に関して基本的に影響はないと考える。しいて言えば、請求件数が減れば業者側の経営は安定し倒産のリスクが減るので好材料かも(慌てて請求することはない⇔しかし時効には注意)。

弁護士・司法書士事務所

問題は「事務所サイド」だろう。つまり過払い金請求手続きを本人に代わって報酬を得ている弁護士・司法書士事務所。昨今は事務所同士の競争が激化(過払い金CMの乱発)しているところに請求件数減で売上が減少

無論弁護士・司法書士の仕事は過払い金だけではないが、今まで過払い金の売上を中心に経営してきた事務所としては頭の痛いところ。

売上をカバーするために、報酬の値上げや人件費カット(過払い業務から撤退も)している事務所が目立ち始めた。さらに倒産する弁護士・司法書士事務所も散見しだした。

ところで・・ あいきんくんは大丈夫なの!?

あいきんくんのワンポイント

相澤法務事務所の直近5年の好循環
HP中心の集客にシフトし広告費0円
・報酬は以前と変わらず安心明確で安い
・給料大幅アップで優秀な人材を確保

あいきんくんの事務所は2009年開業。2022年10月で13周年。 他事務所とは逆行し2023年は、月間ベースで過去最高の受任件数を更新し続けるなど経営は安定

これからも依頼者目線での最高のサービスを更新し続けます!!

あいきんくんのワンポイント

余裕がなくなった事務所はしれっと値上げ。
特に「基本報酬」を請求する事務所には要注意だよ!

手数料の比較は必須!?高い報酬で大失敗!

手数料が高い

手数料の比較・早見表

手数料の比較・早見表
大手一般的良心的
基本報酬 (1社)

5万

3万~ 4万

0万~ 3万

減額報酬

10%

5%~ 10%

なし!

過払い報酬

20%~ 25%

20%~ 25%

10%~ 20%

その他費用 (1社)

5万~ 10万

1万~ 5万

なし!

合計

高い

普通

安い

おススメ度

×

※上記はネット上に公開されている一般的な事務所の平均値を参考として作成。
詳細はご自身でしっかりお調べください。

まず大前提として法律事務所によって手数料が異なる

どこに頼んでも費用が同じと考えていた方、弁護士費用なんて比較する必要はないと思っていた方はリスクあり!

つまり依頼する事務所によって仮に「100万円過払い金が回収」できても「手元に戻ってくるお金」が減ってしまう!というデメリットがある。
あなたが頑張って返済した借金。手数料は出来るだけ手数料が安いに越したことはない。

費用のリスクを回避する 3つの重要キーワード

費用リスクを回避するには過払い金請求の手数料比較は必須!
特に下記3点を請求する事務所はビジネス色が強いので失敗リスクあり。

減額報酬(げんがくほうしゅう)

基本報酬(1社○○円など)

その他費用(~など曖昧な表示も)

あいきんくんのワンポイント

手数料比較は重要なポイント。どこに頼んでも同じではないよ。
テレビcmの告知どおり、過払い金は1人平均80万円以上発生する。
え!?10万円以上違うことに・・

「手続きで失敗するリスク」に関する体験談

【大手評判】ネットで調べると大手のよくない噂が…

ネット上の過払い金大手の評判は…?
「雑だった」「連絡がない」等の書き込み
体験談全文はこちら

大手なら安心かなと思っていましたが、たくさんのお客さんの対応をするから「雑だった」「連絡がない」等の書き込みを見て、不安になりやっぱりやめようと思いました。相澤法務HPを見ると、「対応が丁寧だった」等の書き込みと、過払い金の返還率等わかりやすく、くわしい報酬の記載もあったので、安心感があり、ここにお願いしてみようと思いました。

【期間】待たされたくない人にとって大手は不利?

請求依頼殺到する大手ならではの不安要素とは?
依頼の人数が多ければ後回しにされてもっと期間がかかる
体験談全文はこちら

大手のCMを見たのですが、「毎月1万人以上の問い合わせを受ける」は自分にとって不利だと感じました。過払い金返金までに裁判をした場合、調査から返金まで8ヶ月ほどかかるのに、依頼の人数が多ければ後回しにされてもっと期間がかかるのでないかと思いました。一方、相澤法務は調査から途中経過もすべてLINEでできて逐一連絡をいただけるので安心できました。

【問い合わせ】過払い金ちゃんと調べてもらえないのも大手リスク?

CM大手に過払い金の問い合わせしたときの回答がこちら
「ありません!」と答えられ、調べてもくれませんでした。
体験談全文はこちら

今から10年以上前に母に貸したカードの過払い金の請求ができるのかが不安でした。CMで有名な大手の会社に見てもらったのですが、「ありません!」と答えられ、調べてもくれませんでした。相澤法務HPを見て、ダメ元で問い合わせをしました。 問い合わせしたときの電話対応がとても親切でした。説明も分かりやすかったです。

【情報】過払い金請求について調べることでリスク回避!

大手への過払い金請求依頼をあきらめた理由
対応の悪さや料金の高さの書き込みが多く
体験談全文はこちら

大手数社の口コミ等を調べた結果、対応の悪さや料金の高さの書き込みが多く、大手に依頼するのはあきらめました。私は過払い金請求に関するほとんどの情報を相澤法務の「過払い金請求ナビ」で調べました。知りたい情報はすべてここにありました。
良いこと悪いこと、包み隠さず全て丁寧に教えていただけました。担当者の人柄もよく、安心してこちらに依頼できました。

【対応】[CM大手と相澤法務]過払い金相談対応の違い

大手オペレーターは過払い金の質問に答えてくれた?
こちらの知りたい答えを得られませんでした。
体験談全文はこちら

故人の過払金請求ができるということを某大手事務所のチラシで知り、問い合わせたところ、オペレーターらしい女性が対応したのですが、流れや手数料など、こちらの知りたい答えを得られませんでした。
ネットで見つけた相澤法務に思いきって電話で問い合わせたところ、大手のオペレーターとは違う対応で、親身にお話を聞いていただき、迷いはなくなりました。ここにお願いしようと決心がつきました。

全国対応!調査費用は0円

  • 安心でシンプルな費用
  • 円満な交渉力とスピード解決
  • 安全な短縮面談とWEB面談